ハイパーギア、SharePoint 2013用 情報漏えい防止ツールを発売

@Press / 2013年4月17日 10時30分

ファイルプロテクト
ソフトウェア開発の株式会社ハイパーギア(埼玉県さいたま市、代表取締役:本田 克己)は、マイクロソフト社のエンタープライズポータルの最新バージョンMicrosoft SharePoint(R) Server(マイクロソフト シェアポイントサーバー) 2013で動作する情報漏えい防止ツール、「ファイルプロテクト for SharePoint 2013」「画面プロテクト for SharePoint 2013」を発売します。
SharePointで共有するPDFファイルの持出禁止、有効期限の設定、印刷禁止、パスワード付与などのセキュアPDF化をリアルタイムに行なうことが可能です。また、画面の印刷禁止、ハードコピー禁止などをドキュメントライブラリごと、ユーザごとに設定できます。


「ファイルプロテクト for SharePoint 2013」はリアルタイムでDRM技術を利用したセキュアPDFに変換するため、特別の暗号化サーバを導入したり、プロキシーサーバーを導入したりすることなく、ファイル持出対策を行なうことができます。閲覧時に動的にセキュアPDFに変換するので、事前変換が不要で、ユーザごとに異なる設定ができます。クライアントでは標準的なPDFビューワだけで利用できます。また、JPEG、TIFF G4などの画像ファイルを動的にセキュアPDFに変換する機能もあります。


●「ファイルプロテクト for SharePoint 2013」の特長
・リアルタイムにセキュアPDFに変換
 数百KB程度のファイルでしたら0.2-1秒以下、数MBのファイルでも
 2、3秒程度でリアルタイム変換して表示できます。
・ユーザ/グループに応じて異なったセキュリティ設定が可能
 同じサイト、ドキュメントライブラリでも、ログインするユーザの権限に
 応じてセキュリティ設定を変えられます。
・簡単なユーザインターフェースによるセキュリティ設定
 内部フィルターとして動作しますので、シェアポイントのサイト、
 ドキュメントライブラリなど一切変更する必要がありません。
・専用サーバ不要、既存のSharePoint Serverに簡単導入

●「画面プロテクト for SharePoint 2013」の特長
・Webシステムの情報漏えい防止に必要な各種機能がある
 - Print Screen、キャプチャーソフトによる画面コピーの防止
 - ブラウザ内で開くPDFファイルの画面コピーの防止
 - キャプチャーソフトを自動検出、未知のソフトにも対応
 - ブラウザのコピー機能制御
 - キャッシュデータの削除
 - 各種制限の選択設定が可能
  (印刷、コピー、画面キャプチャー、ページ単位保護、マウス右クリックなど)
・ユーザ/グループに応じて異なったセキュリティ設定が可能
・簡単なユーザインターフェースによるセキュリティ設定
・専用サーバ不要、既存のSharePoint Serverに簡単導入

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング