日本初「グローバル人材学力検定GLEP」 合格者を協賛企業へ推薦紹介サービス開始

@Press / 2013年5月15日 10時30分

人材紹介サービス スキーム
 一般財団法人日本学力検定協会(埼玉県さいたま市、理事長:塩野 時雄)は、「グローバル人材学力検定GLEP」(GLEP:Global Leader Education Program)検定合格者に対し、提携企業への就職先提供をスタートさせました。本検定合格者は、「登録会」に参加すれば、スカウト形式での採用審査を受けられます。採用したい企業は、「スター誕生」として指名するスタイルです。英文の数学問題を日本語で記述式回答するという「一石三鳥」の出題形式は、日本初となります。さらに検定合格者に就職先を提供するサービスも本邦初です。
 我が国の古典数学「塵劫記」をベースとした生きた数学を解ける論理的能力と英文読解する感性、日本語記述表現力を備えた「グローバル人材」は、企業から見れば喉から手が出るほど欲しい人材です。早くも企業の採用担当者の間で評判となっています。従来、単体でしか測れなかった数学や英語力を同時に測定する画期的な検定方式が注目されるのは当然と言えます。
 当協会は、本サービス開始初年度目標を提携企業数300社、受験者数を5,000名以上獲得することを目指しています。


■検定試験合格者と採用面接(スカウト形式)をワンストップで一般企業に提供
http://www.atpress.ne.jp/releases/34934/1_1.png


■求めるグローバル人材 ~測定方法不明 習得法困難~
 日本企業がグローバル市場での競争を強いられている昨今、楽天やユニクロ等が社内公用語の英語化を進め、語学力の面でグローバル人材を求める動きが注目されています。企業の人材採用においても、語学力を測定するTOEICやTOEFLなどのスコアを選考基準とする傾向が強まっています。
 しかしながら、人材の基礎学力や論理的思考力などの「地頭」的な基礎的能力については、一般的に認知された評価基準や測定方法がありません。従い、企業の採用現場では、グローバル人材としての能力を測る以前に大学名でのエントリー、応募者の足切りなどが行われてしまうことが多いのが現実です。グローバルなフィールドで活躍できる高い能力があっても面接機会すら得られない学生が多く存在しています。グローバル人材育成「GLEP」が、道標となることは間違いありません。


■GLEPによる人材採用を予定している企業
・株式会社朝日工業社
・セントラル硝子株式会社
・THK株式会社
・保土谷化学工業株式会社
(あいうえお順)

@Press

トピックスRSS

ランキング