準備なし、イメージ漠然の老後プラン クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2013年4月17日 9時30分

表1
インタラクティブ・マーケティングをワンストップで手がける株式会社イーライフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤原 誠一郎)は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife」(バズライフ、 http://www.buzzlife.jp/ )の会員約19万人に対して、老後に関するアンケート調査を行いました。
「buzzLife」会員は、商品の新しい価値を発見する「創造的消費」を行い周囲と積極的に交わる、いわゆるアクティブ・コンシューマーの要素が強く、無報酬の活動にも関わらず「buzzLife」の諸活動に積極参加し自分の意見を発信する特徴があります。今回は「老後のプラン」をテーマにアンケートを実施したところ、約11,519名の会員から自由記述を伴う回答が寄せられました。

※この「buzzLife」アンケート結果は、「buzzLife」ホームページ内でも公開しています。
URL: http://www.buzzlife.jp/survey/2013/130401/


■老後の準備、60代でもしていない人の方が多い!
まず、老後のために準備していること(65歳以上の人は「65歳以前に老後の準備をしていたこと」)の有無を尋ねてみました。その結果、「いいえ(準備していない)」人が全体の7割。年代が上がるにつれて「ない」人の割合は減っていきますが、老後を迎える60代以上でも過半数が「ない」という驚きの結果になりました。

・あなたは、老後(65才以降)の生活に対して何か準備していることはありますか?
※65才以上の方は、65才以前に老後の準備をしていましたか?
http://www.atpress.ne.jp/releases/34946/1_1.png

ちなみに、準備をしている人にその内容を尋ねたところ、『介護保険・個人年金を掛けています』(30代女性)『計画的に貯蓄し、債券や株式で運用しています。』(50代女性)など、ほとんどが金銭面の準備を挙げています。それ以外では、『趣味の仲間との付き合い ダンス、盆栽等』(50代男性)『健康に留意し、なるべく子供の世話にならないよう節約生活をおくる』(50代女性)と、交友関係の充実や健康管理についての言及がみられました。


■老後の準備はだんだん先送りに
老後の準備が意外とされていない現状が明らかになりましたが、では世間一般で老後の準備を始めるのはどのくらいからだと思われているでしょうか?全体では「50代」が最も多く34.2%、次いで「40代」26.0%、「30代」「50代」がそれぞれ11%強となっています。しかしこれを年代別で見ると、20~40代の回答者は「40代」「50代」が最も多いのですが、50・60代以上の回答者では「40代」が減って「60代前半」が増加。つまり、自分の年代が上がるにつれて世間が老後の準備を始めるであろう年代も上がる、「先送り」のような傾向が見られました。若い頃は「40歳を過ぎたら考えよう」と漠然と思っていたものが、いざ自分がその歳になると「もう少ししたら考えよう」と、自分自身の老後の準備を先送りし、かつ世間もそうであって欲しいという気持ちの表れかもしれません。

@Press

トピックスRSS

ランキング