生活者心理データベースから判明した!「憧れのイメージ」が消費行動に与える意外な影響~「裏づけくんアカデミック」にてレポートを公開~

@Press / 2013年4月19日 15時0分

「裏づけくんアカデミック」ロゴ
日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:鈴木 順也)は、生活者心理データベース「裏づけくん」の活用事例サイト「裏づけくんアカデミック」にて、マーケティングリサーチ企業であるマイボイスコム株式会社のリサーチャー森 義博氏の執筆によるレポート『「憧れのイメージ」が消費行動に与える意外な影響!』を公開しました。

▼レポートの詳細はこちら
http://urazukekun.com/367.html


【トピックス】
●生活者心理データベースを、統計分析手法で徹底解析。
●自分をこう見せたいという憧れは消費行動に「意外な影響」を与える事が判明。
●例えば、「美しさ」に憧れる人は「投資全般」への関心が強い。


「裏づけくんアカデミック」は、日本写真印刷が独自に保有する生活者心理データベース「裏づけくん」の結果をもとに、マーケティングの専門家によるレポートを公開しています。

第5弾となる今回は「裏づけくん」による生活者心理データベースを、各種の統計的手法で徹底的に解析。自分がどう見られたいかという“憧れのイメージ”が消費者の行動に影響を与える事を詳細に分析しました。

今回の執筆者は、マーケティングリサーチ企業・マイボイスコム株式会社のリサーチャーで、統計的分析手法を使った詳細な分析に定評のある、森 義博氏です。
「裏づけくんアカデミック」では、今後も生活者心理データベース「裏づけくん」を活用し、マーケティングの第一線で活躍する執筆者によるレポートを公開していきます。

▼レポートの詳細は
http://urazukekun.com/367.html


【裏づけくんアカデミックについて】
日本写真印刷が運営する、マーケティング情報サイト。
生活者心理データベース「裏づけくん」を活用し、マーケティングの第一線で活躍する著者によるレポートを定期的に公開しています。
http://urazukekun.com/


【「裏づけくん」について】
○基本情報
生活者のマインドに関する調査
調査標本:15-69歳日本人男女個人
標本数 :2,877標本名(回収ベース)
標本抽出:国勢調査の人口統計に合わせたクオータサンプリング:層化抽出
調査地区:全国
調査手法:インターネット調査(検票済み)
調査時期:毎年12月実施
設問数 :120問以上

○「裏づけくん」概要
http://www.nissha.co.jp/products/information_com/marketing/urazuke.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

憧れる自己イメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング