java開発環境下でのバーコード生成ライブラリ「Barcode.jar ver 2.0」 ~バーコード画像保存対応・コンビニ/郵便カスタマバーコード 実用性向上~

@Press / 2013年4月23日 10時30分

1.標準料金代理収納用コンビニバーコードの出力例
有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠、以下 Pao@Office)は、java開発環境下でのバーコード作成ツール「Barcode.jar」をバージョンアップし、「Barcode.jar ver 2.0」を2013年4月23日にリリースしました。


【Ver 2.0へのバージョンアップについて】

【1】バーコードの画像ファイルへの保存機能追加
各バーコードを画像ファイルに出力できるようになりました。
この機能により、PDFやWEBサイト等、様々な形式のページへバーコード出力が容易にできるようになりました。

バーコードを画像に保存する場合は、コンストラクタの引数に画像ファイル名(String filename)を指定してください。
バーコードの描画は、draw/drawDirect/drawDelicateメソッドをそのままお使いください。
ただし、画像ファイル名(String filename)を引数に持つdraw/drawDirect/drawDelicateメソッドもご用意してございます。バーコード出力ファイルを随時変更する場合は、こちらのオーバーロードメソッドをご利用ください。

バーコード画像保存サンプル(BarcodeToImage)を、Barcode.jar試用版(zipファイル)に追加しました。


【2】バーコード画像の上下左右余白部分をpixelで指定可能
保存するバーコード画像周囲の余白をpixel単位で指定可能としました。
バーコード両端のクワイエットゾーン等にもお使いいただけます。

※以下のプロパティをご利用ください。
setImgMargin(int pixelMargin)/int getImgMargin()


【3】黒バーを塗りつぶすように変更
これまで、複数の細線で太い線(黒バー)を構成しておりました。今回、太い線(黒バー)は塗りつぶすように変更しました。
これにより、精度が格段にアップし、描画速度も速くなりました。


【4】小数値mm単位でバーコード幅の指定が可能
この機能により自在な大きさのバーコードを高い精度で出力できるようになりました。

― 小数値座標描画に対応
これまでは複数の細い線で1つの黒バーを描画していたため、細い線をドットにはめるためその描画座標を整数に丸めていました。
今回、黒バーを塗りつぶすように変更したことにより、その描画座標も小数値で指定できるようにいたしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング