ソフトテックス、高速屋、グローバルITサービス、イグアスの4社 インメモリーDBアプライアンス『高速機関EV』を販売開始

@Press / 2013年4月22日 10時0分

高速機関EV相関図
株式会社ソフトテックス(以下、STX)、株式会社高速屋、株式会社グローバルITサービス(以下、GIS)、株式会社イグアスは、共同でインメモリーDBアプライアンス『高速機関EV』を4月22日より販売開始します。

STX   :システムインテグレーター事業者
高速屋 :インメモリーDB「高速機関(R)」の開発販売元
GIS   :株式会社 ゼンショーホールディングスの100%子会社。
     Excelアプリケーション開発ツール「EVOLIO」の開発販売元
イグアス:JBCCホールディングス株式会社の100%子会社。
     IBMの付加価値ディストリビュータ

『高速機関EV』は、インメモリーDBである「高速機関(R)」と、IBMのサーバーシリーズ“System x”を組み合わせたアプライアンス製品です。日本アイ・ビー・エム、イグアスの協力のもと、STX、高速屋、GISが共同開発しました。さらに、Excelアプリケーション開発ツール「EVOLIO」をフロントエンドに組み合わせたことで、高速かつ柔軟なBI環境を手軽に導入することを可能にしました。

初年度(2013年4月~2014年3月)の販売目標は100社/5億円、2016年度までに1,000社/100億円を目指します。


【インメモリーDBアプライアンス『高速機関EV』の特徴】
大量データを高速に処理できる『高速機関EV』は、ビッグデータのリアルタイム処理を実現するとともに、開発生産性の高いExcelアプリケーション開発ツールによる簡便で柔軟なデータ活用が可能です。

・通常のRDBより約20倍~100倍高速なデータ処理が可能
・データのロード処理と検索・集計処理の高速性を両立
・標準インターフェイス(SQL、ストアドプロシージャ)に対応
・Excelインターフェイスで本格的なアプリケーションを作成可能
・Excelの更新ボタンでリアルタイムにデータ更新が可能


【販売価格】
300万円(税抜)~(10クライアント/データ量10GB~)
※詳しくは下記の窓口までお問い合わせください。


【インメモリーDBアプライアンス『高速機関EV』の構成例(流通小売業向け)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/34994/1_1.png


【4社の役割】
STX   :『高速機関EV』の販売元として、顧客の要望に即した付加価値の高いシステム提供を行います。
高速屋 :「高速機関(R)」の開発元として、『高速機関EV』の販売をバックアップします。
GIS   :「EVOLIO」の発売元として、『高速機関EV』の販売をバックアップします。
イグアス:IBM製品を素材として提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング