ユビキタス社の無線LANソリューション「Ubiquitous Wi-Fi Direct」がパナソニック デジタルカメラ「LUMIX」3機種に採用

@Press / 2013年4月23日 11時30分

LUMIX DMC-TZ40
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)は、無線LAN向けソリューションの「Ubiquitous Wi-Fi Direct(ユビキタス ワイファイ ダイレクト)」が、パナソニック株式会社(以下 パナソニック社)から2013年2月より発売されているWi-Fi(R)搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ40」、「LUMIX DMC-FT5」、「LUMIX DMC-SZ9」の3機種に採用されたことを発表します。


スマホやタブレット端末の普及にともない、撮影した写真をSNSやブログなどへアップロードし、シェアするといった楽しみ方が一般的になってきています。このような中で、より高品質な写真を使用したいというニーズが出てきており、デジタルカメラで撮影した写真を直接、簡単にインターネットにアップロードできるWi-Fi(R)に対応した製品の普及が進んでおります。

こうした中、現在は多くのデジタルカメラにおいてWi-Fi(R)のアクセスポイントを介したインターネット接続が主流となっていますが、カメラの利用シーンにおいてはアクセスポイントの無い屋外などで簡単にスマホやタブレット端末と連携するといった、機器間の接続を実現する機能が求められております。
この課題に対して、ユビキタス社は、無線LANをサポートした機器同士でのポイントツーポイントの通信を可能にするソリューションとして「Ubiquitous Wi-Fi Direct」を提供しております。

今回「Ubiquitous Wi-Fi Direct」が採用されたパナソニック社の「LUMIX」3機種は、無線LANネットワークがサポートされている環境に加えて、屋外など無線LANネットワークが無い環境でもLUMIXとスマホやタブレット端末を直接Wi-Fi(R)で接続することができます。これによって、スマホやタブレット端末を利用した遠隔での撮影や撮影した写真の保存、シェアなどが簡単に行えるほか、プリンターに直接写真を転送し、手軽に印刷できるなど、使い勝手が大幅に向上しています。
ユビキタス社の「Ubiquitous Wi-Fi Direct」は、「LUMIX」がいつでもどこでも簡単に他の無線LAN対応機器と通信できることを実現し、デジタルカメラとしてのユーザーエクスペリエンス向上に大きく貢献しました。
この度の「Ubiquitous Wi-Fi Direct」採用は、デジタルカメラというCPUやメモリといったシステムリソースが限られた動作環境においても最大のパフォーマンスを発揮するように設計されている点や既にLUMIXでのユビキタス社のWPS 2.0等の通信ソフトウェアでの実績がパナソニック社より高い評価をいただき実現いたしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング