MKI、メガソーラー発電設備を遠隔監視するクラウドサービスを提供― ICT技術による太陽光発電所の統合監視 ―

@Press / 2013年4月19日 9時30分

三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、ICTを活用した遠隔監視技術により、メガソーラー(※1)発電設備の監視、発電状況の監視を行うクラウドサービスの提供を開始しました。昨年7月から導入された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によりメガソーラー発電所の建設が全国各地で広がっています。MKIはメガソーラー発電所の建設需要を取り込み、今年度150サイト(約500mW出力相当)への監視サービス提供を見込んでおります。


<サービス名称>
太陽光発電監視サービス

<主な機能>
・太陽光発電設備の遠隔監視
・発電データの収集・管理
・監視状況レポート、発電量分析結果レポートを提供

<サービス利用料>
1サイト(1mW出力)あたり月額数万円~(利用形態により異なる)

<提供開始日>
2013年4月(*)

<販売目標>
2年間で1GW出力相当の監視

(*) 一部のお客様には先行してサービスを提供しております。


メガソーラー発電事業では、投資対効果にみあった運用状況であるかを常に管理することと、設置後の設備障害に迅速に対応するための監視や、発電効率の分析等が必須です。
これまでMKIは、独自開発のSCADA(※2)技術を用いた「監視・制御ソフトウェア」を活用し、製造現場における設備の監視・制御システムや商業施設・オフィスにおける空調の遠隔自動制御サービスを提供してきました。このSCADA技術を活用し、遠隔によるメガソーラーの発電状況の管理や、パネルの損傷、機器故障、経年劣化等の監視、3タイプの分析レポートを提供するサービスを開始します。今後は、同サービスの仕組みを風力発電へも適用し、ICTによる再生可能エネルギー活用促進に取り組んでまいります。


【サービス概要】
MKIが準備するリモートゲートウェイを発電設備内に配備し、遠隔から発電状況の様子や機器の異常・劣化を監視します。当サービスにより、発電事業者は設備運用の負荷を軽減することができます。以下に本サービスの特徴を記します。


■監視対象装置:太陽光パネル、パワーコンディショナー(以下、PCS)(※3)

1.独自SCADA技術を用いた発電データの収集
2.MKIクラウドサービスによる監視サービスの提供
3.3タイプの分析レポート - 現場管理者、事業管理者、投資家向け -


≪補足資料≫

【サービス特徴】
1.独自SCADA技術を用いた発電データの収集
監視には、独自SCADA技術を適用し、PCS経由によるデータ収集に加え、ストリング(※4)単位での太陽光パネルの監視を行います。ストリング単位で監視を行うことで太陽光パネルの異常をいち早く特定することができ、早期復旧に役立てることができます。また、SCADAをカスタマイズすることでお客様の設備仕様に合わせた監視を提供することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング