PANDUIT 10GBase-T新アライアンスとAXテクノロジー技術ライセンスの供与開始

@Press / 2013年4月25日 18時0分

AXテープ/AXテープ使用例
パンドウイットコーポレーション日本支社(本社:東京都港区、日本支社長:須崎 弘明、以下 パンドウイット)は10GBase-Tの普及を目指し、新たなアライアンスの発足とカテゴリ6A UTPケーブルの製造を実現する「AXテープ」に関するライセンスの供与を開始することを発表致します。

「AXテープ」を使用することで“アース接続を必要としない”UTP(Unshield Twist Pair)ケーブルをマルチベンダーにより10GBase-Tケーブルの施工を行うことができるようになり、STP(Shielded Twist Pair)ケーブルの課題であった施工性や拡張性、TCOを改善し、10GBase-Tの普及に寄与します。


(4月23日 アライアンス締結発表 於:パートナー様向け事前案内イベント)
※右から
弊社本社データコムプロダクツ ディレクター トーマス ウォルシュ
弊社本社データコムプロダクツ ディレクター トーマス ケリー
通信興業株式会社 代表取締役社長 石橋 栄子様
冨士電線株式会社 代表取締役社長 (兼)営業本部長 城和 信夫様
弊社日本支社長 須崎 弘明
http://www.atpress.ne.jp/releases/35103/2_2.jpg


<PANDUIT 10GBase-T新アライアンスと
 AXテクノロジー技術ライセンスの供与のポイント>

1.アライアンス締結およびライセンス供与の背景と目的
・ビックデータ、クラウド、仮想化などHSDT(High Speed Data Transfer)への急速な需要拡大
・サーバの10GインターフェースのLOM(LAN on Motherboard)化の流れ
・従来比2分の1の低電力型10GBase-Tの登場(7-10W⇒3-6W)
・ミッドマーケット向け普及型10Gネットワークスイッチの登場
・「10G To The Desk」データセンタからオフィスの末端まで10G化を推進
・10Gシェア5%⇒15%を2015年までに実現
・マルチベンダー化による調達性、コストストラクチャーの改善


2.ライセンス供与について
・パンドウイットは、通信興業株式会社(本社:埼玉県川越市)と冨士電線株式会社(本社:神奈川県伊勢原市)の2社との間で高いエイリアンクロストーク性能を備えた、カテゴリ6A UTPケーブルの製造を実現する「AXテープ」のライセンス供与及び10GBase-Tの普及を目指す新たなアライアンスの発足に合意し、契約を締結したことを発表致します。

@Press

トピックスRSS

ランキング