[生活トレンド研究所レポート]All Aboutの「家事」、「家電」、「リフォーム」ガイド総勢6名が徹底分析 「梅雨の家事」に関する調査を実施

@Press / 2013年4月26日 16時0分

グラフ1
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営するマーケティング・チャネル「生活トレンド研究所」は、第六弾のレポートとして、総勢6名のガイドを研究員に迎え、株式会社エム・データが作成した「梅雨の家事に関するTVでの話題」資料などをもとに「梅雨の家事」に関するアンケート調査を実施しました。調査協力は、株式会社マクロミル。調査期間は2013年4月9日(火)~2013年4月11日(木)、25~49歳の既婚女性1,000名から有効回答を得ました。


【調査結果のポイント】
1) 「家事・掃除・子育て」ガイド/藤原 千秋氏
<住まいのカビ盲点!カビの警戒ポイントは「冷蔵庫内」や「寝室」、「子ども部屋」>
カビが繁殖しないように気をつけているポイントで、「お風呂場の床や壁(71.9%)」、「キッチンの水周り(53.5%)」が上位を占めていましたが、実は食中毒に直接影響しやすい「冷蔵庫内」や長時間動き回ることもなく過ごす「寝室」や「子ども部屋」が要注意ポイントです。

2) 「家事」ガイド/毎田 祥子氏
<「大気汚染対策や多忙な主婦の増加」、「節電面」から部屋干しは今後も続く傾向>
梅雨の洗濯物干し方法について「部屋干し(42.8%)」が「乾燥機」などの方法を大きく引き離したが、これは今後も続く傾向であると推察します。

3) 「収納」ガイド/すはら ひろこ氏
<本来くつろぎたい場であるリビングが“家事スペース”と化している!?>
部屋干し派のリビングは、ほぼ毎日のように洗濯物が吊るされていることが明らかになりました。(梅雨時に部屋干しする際に干す場所は「リビング(54.0%)」が1位。)

4) 「節約」ガイド/矢野 きくの氏
<「ニオイ」は元から退治する!臭ってから換気では、後手後手です>
ニオイの対処法として一番多かったのが「窓を開けるなどして換気をする(61.8%)」でした。それはその場しのぎの対処で、ニオイの元にとなっているものを解決しようとしているものではありません。


■“梅雨どきの家事”で昨年最も多くテレビに取り上げられたのは「洗濯」。次に「カビ」
株式会社エム・データ(※)が2011年5月1日~2011年6月30日、2012年5月1日~6月30日に「梅雨の家事」に関する話題から主な出現キーワードを調査した結果(※)、「洗濯」が14番組、「カビ」が13番組と多数の番組で出現していることがわかりました。
この結果を受け、今回「生活トレンド研究所」ではAll Aboutで活躍している各ガイドに協力いただき、“洗濯(特に干し方)”や“カビ”、その他“ニオイ”に関する調査を実施いたしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング