~いまは「男も日傘をさす時代」~ シニア・ファミリー層必見! 熱中症から身を守るための秘訣・対策を『通販生活』夏号で総力特集!!

@Press / 2013年5月13日 13時0分

『通販生活』2013夏号より
 株式会社カタログハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斎藤 駿)は、カタログ雑誌『通販生活』夏号( http://www.cataloghouse.co.jp/company/catalog/?cid=pr )を、5月15日(水)に全国書店にて発売いたします。
 気象庁やNASAの発表から、今夏は猛暑が予想されるなか、『通販生活』夏号では、特にシニア層(60代以上)に向けた熱中症予防対策を総力特集しました。


■熱中症予防・対策方法は?
 ~横尾忠則氏など、著名人の熱中症体験談を交えながら紹介~

 巻頭特集では、美術家の横尾忠則氏と、昭和大学医学部教授で熱中症対策のエキスパートである三宅康史氏による問診対談を掲載。過去6年間で最多となる1,684人の死者を出した2010年の夏に、数にして6回も熱中症にかかってしまった横尾氏の体験談を踏まえつつ、室内外における熱中症予防法や対策方法などを三宅氏が解説しています。
 また、漫画家のちばてつや氏、女優の水島かおり氏、医師の南雲久美子氏の熱中症体験談も紹介。熱中症の恐ろしさがよくわかり、「熱中症かも?」と感じた際の参考にもなる内容となっています。


■いまは「男も日傘をさす時代」
 ~男性も活用できる熱中症対策アイテムをシーン別にご紹介~

(1) 『通販生活』オリジナルの「男の日傘」「男の夏帽」を初掲載

 熱中症を予防するための代表的なアイテムいえば、日傘と日よけ帽子ですが、日傘を利用している男性はほとんどみかけません。『通販生活』では、男性も愛用できる、本誌オリジナルの日傘(「男の日傘」)と日よけ帽子(「男の夏帽」)を本号で初公開。熱中症対策品として最も重要な、高い日射熱カット率(※)の商品となっております。
 また、「男の夏帽」に関しては、日よけ布付きで唯一の日本製商品(洗濯機で弱水流ネット洗い可)となっております。

(※) 日射熱カット率は、一般財団法人 建材試験センターの検査結果をもとに掲載しています。
<日射熱カット率>
・「男の日傘」⇒グレーベージュ:73%、ブラック:72%
・「男の夏帽」⇒ベージュ:73%、ネイビー:72%

(2) のべ55万人愛用の日よけ帽子「日蔭あるき」の他
  子ども用日よけ帽子、携帯用熱中症計などの予防グッズもご紹介

 『通販生活』夏号では、新商品となる男性向けに特化した予防グッズだけではなく、ウォーキング時に熱中症の危険を警告する「携帯熱中症計」や、5歳くらいから使える子ども向けの日よけ帽子「クール子ども帽子」、これまでのべ55万人に愛用されている女性向け日よけ帽子「日蔭あるき」など、幅広い年代・性別で利用できる熱中症予防グッズをご紹介しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング