「たまごっち」のキャラクターと遊びながら、友達とのコミュニケーションやネットの使い方が学べる!小学生向けネットサービス『TamaGoLand』5月1日(水)から正式サービススタート

@Press / 2013年4月26日 18時0分

TamaGoLandサイトイメージ (C)B・W/T・T (C)NBGI
株式会社バンダイナムコゲームスは、「たまごっち」のキャラクターを使用した小学生向けネットサービス『TamaGoLand(たまごーランド)』の正式サービスを、2013年5月1日(水)からスタートします。

『TamaGoLand』URL: http://tamago-land.com/


小学生の6割弱がインターネットを利用(※1)し、子どもたちのインターネット利用が常態化している中、子どもたちがネットトラブルに巻き込まれる事例も多発しており、小学生からの情報モラル教育や情報能力の育成が急務となっています。こうした中バンダイナムコゲームスでは、子どもたちが楽しめて、かつ知育的要素を取り入れたコンテンツを開発してきたノウハウを生かし、子どもたちが安心安全に利用できるネットサービス『TamaGoLand』を開発しました。

本サービスは、子どもたちが「たまごっち」のキャラクターとサイト内で楽しく遊びながら、ネットの使い方を学ぶことができる6~12歳の小学生を対象にしたネットサービスです。パズルやミニゲームを楽しめるほか、子どもたちだけでも安心安全にサービスを利用できるさまざまな機能・サポートを搭載しています。自分の友達にメッセージを送るといったコミュニケーションをとりながら、近い将来経験するネットサービスへの対応力や利用ルールが自然と身に付く仕組みとなっています。

本サービスの利用はバンダイナムコID(※2)の登録が必要で、PCのみ対応しており、利用料は基本無料です。今後、スマートデバイスへの対応や有料会員向けのサービスも展開していく予定で、初年度は、会員数30万人を見込んでいます。


※1 内閣府「平成23年度青少年のインターネット利用環境実態調査」
※2 バンダイナムコグループの共通アカウントです。1つのアカウントで、グループ各社で展開している多様なコンテンツをお楽しみいただけます。バンダイナムコゲームスは、グループが中期ビジョンに掲げている「IPモデルの進化に伴うバンダイナムコID数3,000万人獲得」を実現するための中核を担い、ID管理やサービスの企画を提案し、実施しています。
「バンダイナムコID」公式ホームページ: https://www.bandainamcoid.com/


■子どものネット教育に詳しい、お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 坂元 章教授のコメント

「子どものインターネット使用は、携帯ゲーム機や音楽プレーヤーなど接続機器の多様化や、スマートフォンの普及などによって、ますます注意が必要になっており、子どもに対する情報モラル教育も学校や地域で盛んに行われています。最近では、インターネット使用のメリットにも目を向け、その活用能力を伸ばすことと安全性を確保することをどのように両立させるかという視点が重要になっていると思われます。そこで注目されているのが、子どもがインターネットを使い始め、それに習熟し、安全保護能力を身につけるにつれ、徐々に利用できる機能やサービスを拡大させていく『段階的な利用』という考え方です。子どもに携帯電話やスマートフォンを持たせない、一人でPCに触れさせないなど厳しい措置をとり続けるだけでは、活用能力は伸びませんし、また、結局いつかは自由に使わせることになり、その時にいきなり全ての機能やサービスを開放するのは、かえって危険です。インターネットの活用と安全を両立させるためには、子どもの安全保護能力に適合した情報環境を、成長に合わせてきめ細かく与える必要があります。子どもが安心・安全に利用できるネットサービスの提供は、インターネット使用に慣れていない子どもがそれに習熟していく機会を与え、貴重なものと言えます。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング