結婚相談所に訪れる女性、5人に1人が20代、2人に1人が30代 きっかけは年齢に危機感を感じて~「5月2日は婚活の日」に伴いサンマリエ来店者へ意識調査~

@Press / 2013年5月1日 10時30分

Q あなたの年齢を教えてください
結婚相手紹介サービスのサンマリエ(運営:ハピライズ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:吉澤 信男)は、2009年に5月2日を「婚活の日」として日本記念日協会に正式に認定されました。「婚活の日」に伴い、結婚を意識し、全国のサンマリエへ来店、カウンセリングを受けた方を対象に意識調査のアンケートを行いました。そのうち、アンケートに答えた2,396名の調査結果を報告します。

アンケート報告URL: http://www.konkatsu52.com/ank/003/


【アンケートの調査方法】
対象者      :サンマリエへ来店・カウンセリングした方
アンケート期間  :2012年4月9日~2012年12月31日
アンケート回答者数:2,396人


■結婚相談所を利用する年齢層は20代が5人に1人、30代が2人に1人
30代の方は全体で44%と、半数近い割合になりました。20代の若い層は全体の約2割という結果に。男女差で見ると、20代の女性が若干多く、男性のほうが全体的な年齢は高いことがわかりました。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/35260/1_1.jpg


■婚暦のある人は全体の3割
婚暦のあり、なしの数字を見ると、全体で約3割の方が婚暦があることがわかりました。また、男女の比率はほぼ変わらない結果となりました。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/35260/a_2.jpg


■結婚を考えたいちばんのきっかけは「年齢を意識して」
20代、30代においては、約4割以上の人が「年齢」を考えて、婚活を検討していることがわかりました。40代になると、「老後の不安」を結婚のきっかけに考える人が増えていることがわかります。
子どもの将来を考えた婚活でもあるようです。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/35260/3_3.jpg


■男性は女性に比べ、さほど寂しさを感じていない
男性は年齢を意識したことが、結婚を考えるきっかけであると答えている方が多く、女性に比べ普段の生活で寂しさを感じている方は少ないことがわかりました。また、結婚することで心の支え・守るべき人ができることで、仕事をますます頑張れると感じているようです。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/35260/4_4.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング