リスクモンスター、第1回「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年5月1日 9時30分

与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都千代田区、 http://www.riskmonster.co.jp/ )は、第1回「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果を発表いたしました。

図表: http://www.atpress.ne.jp/releases/35274/a_5.pdf


1.実施概要
テーマ    :「世界に誇れる日本企業」アンケート
・調査エリア :全国
・調査方法  :インターネット調査
・調査対象者 :20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人
        (有効回収数1,000)
・調査期間  :2013年2月25日(月)~2013年2月27日(水)
・調査対象企業:年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社を抽出


2.結果概要
[1] 「世界に誇れる日本企業」アンケート/ランキング結果
「世界に誇れる日本企業」アンケートのランキング1位は「トヨタ自動車」(回答率58.0%)となりました。次いで「ソニー」が2位(同43.2%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同39.5%)となっております。以下「パナソニック」(同35.6%)、「日産自動車」(同33.5%)、「キヤノン」(同32.0%)、「東芝」(同28.9%)と続きました。(図表A)
業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機械・器具製造業8社(ソニー、パナソニック、キヤノン、東芝、日立製作所、富士通、シャープ、ニコン)、化学工業2社(富士フイルム、資生堂)、その他製造業5社(ブリヂストン、任天堂、TOTO、味の素、三菱重工、ヤマハ)と、製造業がトップ20のうち19社を占め、日本の製造業が有する高品質・技術力に対する信頼性が表れた結果と言えます。
製造業以外では、唯一サービス業のヤマト運輸がランクインしており、国内に宅配事業を社会インフラとして根付かせたサービスレベルの高さが評価の背景と考えられます。

[2] 「世界に誇れる日本企業」アンケート/選択理由・重視するイメージ
選択した理由を自由回答で尋ねたところ、「技術力」「開発力」「世界シェア」を挙げた回答が多く見られた。またその裏付けとしての「海外での実績」を評価した回答も随所に見られる結果となりました。特に自動車や電気機器、精密機器に関しては、日本の得意分野であるという認識が回答内の随所に見られ、今後の日本経済を牽引していく業種としての期待もうかがわれました。(図表B)
同時に「世界に誇れる日本企業」に重視するイメージを聞いたところ、選択理由に見られたように、「技術力」を挙げる回答が62.6%と最も多い結果となりました。次いで「製品・商品の品質」(回答率52.5%)、「世界シェア」(同35.4%)、「安定性」(同30.8%)、「誠実さ」「独創性」(同28.7%)となっております。(図表B)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング