2012年のテレビ視聴率・広告の動向まとまる 「テレビ調査白書2012」発刊

@Press / 2013年4月30日 15時30分

表紙デザイン
株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、この度、2012年のテレビ視聴率・テレビ広告の動向をまとめた「テレビ調査白書2012」を発刊しましたので、お知らせとともに一部をご紹介いたします。

■ 2012年のテレビ番組について
・年間の最高世帯視聴率番組は、10地区(※1)とも「NHK紅白歌合戦」
主な地区における視聴率ベスト10の傾向
・関東地区はFIFAワールドカップ最終予選の中継が5番組ランクイン。
・札幌地区は北海道日本ハムファイターズの試合中継が5番組ランクイン。
・名古屋地区は9月30日愛知県に上陸した台風17号の影響で、当日のニュースが3番組ランクイン。
・新潟地区は、第94回全国高校野球選手権大会8月13日「新潟明訓 対 県岐阜商」の試合中継番組がランクイン。

■ 2012年のテレビCMについて
・テレビCMの好感度(※2) 
1位:サントリー「伊右衛門 母のために篇」(樹木希林、本木雅弘、宮沢りえ出演)
2位:味の素「CookDo回鍋肉 思春期篇」(山口智充出演)

(※1)10地区とは、関東/関西/名古屋/北部九州/札幌/仙台/広島/静岡/岡山・香川/新潟地区を指します
(※2)当社「テレビコマーシャルカルテ」調査で、2012年に調査実施した計1536素材のうち報告書に記載された880素材が対象です

■『テレビ調査白書2012』の概要
<主な内容>
地区別テレビ視聴率の動向
1日1人当たりの視聴時間の推移
世帯・個人視聴時間及び時間帯別総世帯視聴率の推移
年間総CM出稿量(関東・関西)~業種別出稿量、商品種類別出稿量、広告主別出稿量の変化~
テレビCMを見る眼 ~テレビCM総合ランキング~

本報告書の装丁 サイズ:B5版・総ページ数:148ページ  
ご提供価格 5,250円 (消費税込)



@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング