~HD・マルチクライアント対応のMCUを優れたコストパーフォーマンスで~ ビデオ会議システム「ORION-MCU 2.1」の販売開始

@Press / 2013年5月7日 10時0分

「ORION-MCU 2.1」
スターコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岩下 敏)は、テレビ会議用ルームシステムからPC、タブレットまでをサポートするHD対応ビデオ会議システム「ORION-MCU2.1」を、2013年5月8日から販売開始いたします。

「ORION-MCU 2.1」
http://orion-mcu.jp/


【提供の背景】
現在、ビデオ会議市場では専用のルームシステムは非常に高価であるため、急激に普及しているタブレット端末などを利用して、コストパーフォーマンスに優れたビデオ会議システムに対する要求が高まっています。特に複数拠点を接続するために必要なMCU(多地点接続装置)は非常に高価です。
今回、当社では、「ORION EXPRESS」PCI Expressボードを利用した、業界で最もコストパーフォーマンスに優れたMCUと蓄積されたノウハウをもとに、HD(720p)対応のビデオ会議システム「ORION-MCU 2.1」を販売開始いたします。


【「ORION-MCU 2.1」の製品概要】
従来のビデオ会議システム用MCU(多地点接続装置)では接続できる端末が同じメーカ製に限定されています。またMCUは高度な映像処理や音声処理を必要とするために専用のハードウェアが採用されています。「ORION-MCU 2.1」は最新のマルチコアDSPを実装したPCI Expressボード(ORION EXPRESS 1286)で映像・音声処理を行いますので、最もコストパーフォーマンスに優れたビデオ会議システムを構築することが可能になりました。「ORION EXPRESS 1286」は「ORION-MCU 2.1」に内蔵のPCI Express対応マルチメディア処理エンジンです。OEM向けに「ORION EXPRESS 1286」ボードのみの販売もいたします。


【「ORION-MCU 2.1」の製品の特長】
・HD(720p)、HDボイス(G.722.2)、SIP 対応ビデオ会議ブリッジ(MCU)
・最大20台(CIFの場合)のビデオ端末を接続可能。またはHD(720p)端末を5台同時接続、音声会議の場合は最大200端末接続可能。
・ルームシステム、PC、iPad、Androidタブレット・スマートフォンをサポート
・簡単にレイアウトの変更が可能
・リーダー用ダッシュボードを用意
・WEB画面から簡単にカスタマイズが可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング