第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を終了

@Press / 2013年5月9日 13時0分

ジョージタウン大学内での授業の様子1
日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、協賛する第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム(2013年4月14日~21日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。

写真:ジョージタウン大学内授業の様子
http://www.atpress.ne.jp/releases/35355/1_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/35355/2_2.jpg

ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムとは、ジョージタウン大学が特別に企画したエグゼクティブ教育プログラムで、ジョージタウン大学トップクラスの教授陣のみならず、政府や民間機関の一流実務経験者たちによる授業を提供するとともに、ワシントンDCおよびミシガン州グランドラピッズにおける実地研修、企業訪問の機会を提供するもの。今回は、議員、行政関係者、報道関係者の計8名が参加。

*第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムについては【参考資料1、2】をご参照ください。

日本アムウェイ合同会社は、次世代を担う日本のリーダー達が日米間の「対話を通じた信頼関係」を築き、さらなる日米関係の進展を願う、本拠地を米国に置く一企業として当プログラムに協賛しています。


【参考資料1】
≪第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム≫
期間:2013年4月14日~21日(8日間)
主催:ジョージタウン大学/ジャパンタイムズ
協賛:日本アムウェイ
後援:外務省/アメリカ大使館
協力:全日空
プログラム:下記の通り

<ジョージタウン大学 プログラム>
●授業1 “The Founding of the Republic and Federalism” Prof. Sam Potolicchio
●授業2 “The American Political System” Prof. Bradley Blakeman
●授業3 Karl Rove 元次席補佐官、大統領政策・戦略担当上級顧問
●授業4 パネルディスカッション “ホワイトハウスと報道”
     パネリスト
     ・Prof. Bradley Blakeman
     ・Scott Sforza, served President George W. Bush
     ・James Rosen, Chief Washington Correspondent and Hosts of the Fox online show “The Foxhole”
     ・Bob Cusack, Managing Director of The Hill
     ・David Goodfriend, served President William J. Clinton
     ・James Pinkerton, served President George H. Bush
●授業5 “US-Japan Security” Prof. Michael Green

@Press

トピックスRSS

ランキング