疲れ気味の勤労者を対象とした試験を実施 オルニチンで眠りの体感が改善 翌朝起床時に頭がより早く目覚める可能性も示唆

@Press / 2013年5月8日 16時30分

ストループテストの課題例
オルニチン研究会(所在地:東京都渋谷区)は、疲れ気味の被験者を対象に、オルニチンが睡眠や朝の目覚めに対してどのような影響を与えるか検討する試験を行いました。その結果、就寝前にオルニチンを摂取することにより、眠りの体感が良くなり、翌朝起床した際に頭がより早く目覚める可能性が示唆されました。

現在、日本人の半数以上が「寝つきが悪い」「熟睡できない」「目覚めが悪い」といった眠りに対する不満を抱えていると言われています(※1)。そこで、疲れ気味の方を対象に、オルニチンが睡眠や朝の目覚めに及ぼす影響について検討試験を行いました。その結果、就寝前にオルニチンを摂取することにより、眠りの体感が良くなり、翌朝起床した際に頭がより早く目覚める可能性が示されました。


■監修者プロフィール
森田 祐二(もりた ゆうじ)
銀座アンチエイジングラボラトリー所長/
同志社大学大学院生命医科学研究科アンチエイジングリサーチセンター研究員

1984年東京医科大学卒業。国立がんセンター、札幌医大等で内科臨床・研究活動を経て、現在、札幌アンチエイジングラボラトリー所長、銀座アンチエイジングラボラトリー所長、SBIメディカルスパ倶楽部チーフカウンセリングドクターを兼務。日本内科学会認定医、日本呼吸器学会指導医、日本抗加齢医学会専門医として診療に従事する傍ら、日本抗加齢医学会評議員、東京医科大学兼任講師、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター研究員として講演・メディア等による啓蒙活動や学会・研究活動を精力的に展開している。


■試験プロトコール
【被験者】
以下の条件にあてはまり、試験計画書どおりに試験を終えることができた男女22名。
- 勤労者(土・日が休日かつ交代勤務でない方)
- 疲れ気味の方(※2)

【試験食品】
オルニチン塩酸塩・800gまたはプラセボ(※3)食品

【試験方法】
1週間のうち、火曜日と木曜日の2回、就寝の約1時間前にいずれかの試験食品を摂取してもらった。その後就寝し、翌朝の起床時にアンケート(OSA-MA(※4)、VAS(※5))やパフォーマンステスト(ストループテスト(※6)、計算問題、片足立ち時間測定)を行った。同様の試験をもう一方の試験食品を用いて、別の週にも再度行った。


■試験結果および銀座アンチエイジングラボラトリー・森田 祐二先生による考察
翌朝起床時のアンケートの結果、OSA-MAの「入眠と睡眠維持」の項目でオルニチン摂取群で有意な改善が認められました。また、ストループテストの中で最も複雑な課題である課題4において、オルニチン摂取群で有意な改善が認められました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング