ユビキタス社とインヴェンティット社、IoT/M2Mサービスプラットフォーム事業で協業

@Press / 2013年5月9日 15時30分

株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)とインヴェンティット株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:西田 竹志、以下 インヴェンティット社)は、ユビキタス社の累計2億ライセンスを超える実績を持つ組込みネットワークソフトウェア技術(各種デバイス向けのネットワーク接続、通信プロトコル技術)とインヴェンティット社の大手通信キャリア環境にて実績を持つ遠隔デバイス管理技術(デバイスマネジメント技術)を結集し、この数年で市場の成長が見込まれるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、M2M(Machine to Machine:機器相互接続)市場に向けて、IoT/M2Mサービスプラットフォーム事業を共同で構築することで合意いたしました。


IoT/M2M市場は、2015年には国内関連市場で現在の3倍以上の3,300億円にも上ると見られており、また2020年までにはこれまで人類が経験したことのない量のデータの蓄積が行われ、新しい市場が登場すると予測されています。今後はさらに広範囲のセンサー機器や家電機器などあらゆる機器がネットワークに接続され、その膨大なデータを管理、運用することにより、従来のM2Mで期待されていた単なる機器の遠隔制御や自動運転などにとどまらず、エネルギーや物流の飛躍的な効率化から、リアルタイムのセンサー情報を利用した新しい社会インフラや、経済活動の基盤となることが予測され、それらを実現する高度かつ複雑なシステム基盤、サービス基盤の整備が急務となっています。しかしながら、独自のシステム基盤、システム運用技術者、資金力などのリソースを持たない中小規模の企業にとっては、導入が難しい側面も持っていました。

これまで両社が独自に開発を進めてきたIoT/M2Mサービスプラットフォーム機能を、戦略的に統合することで、両社の技術力やノウハウを統合し、開発力の強化、開発スピードの向上を図り、最新のクラウド技術を利用した新しいタイプのIoT/M2Mサービスプラットフォームをいち早く実現します。これにより、これまで多くの実現要望があるにもかかわらず、技術面、コスト面などで高い障壁を乗り越える必要があったサービス構築企業の皆さまに、新たな可能性を供給すると共に、従来型のサービス構築においても、期間短縮、コスト削減などにおいて、大きな貢献を果たすことができるものと考えています。

@Press

トピックスRSS

ランキング