フレッシャーズ50名の“リアル・デジタルライフ”仕事以外でもパソコン!SNSやクラウドを使いこなすのは当たり前

@Press / 2013年5月21日 13時0分

【設問1】
業界の枠を超えた120社(2013年3月21日現在)の企業が参加するウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム(会長:香山春明、日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務、以下 WDLC)はパソコン利用の実態を把握するため、会員企業の入社3年以内の社員向け(2013年4月入社含む)にアンケートを実施しました。デジタルライフの特徴として「入社後すぐに同期とSNSでつながった」「SNS上に100人以上友達がいる」という回答がそれぞれ18%を占め、さらに、「クラウド(ファイル共有サービス)をプライベートで活用している」という回答も11%にのぼりました。
また、仕事以外でパソコンを使う理由として、WEBサイトの閲覧や調べものといった一般的な回答を除くと、「Facebook」がダントツ1位でした。

現代の新入社員のデジタルライフにおいては、SNSやクラウドサービスを使いこなすことが重要なファクターであることが見えてきました。WDLCでは、こうしたICTの活用により、豊かな新社会人生活を過ごして頂くことを目的に「Hello, NEW PC.」キャンペーンを実施中です。( http://digitalyouth.jp/ )


【入社3年以内のフレッシャーズのデジタルライフ】
第1位:ニュースのチェックや調べ物は基本的にパソコンだ。(20%)
第2位:入社後すぐに同期とSNSでつながった。(18%)
第3位:SNS上に100人以上友達がいる。(18%)
第4位:クラウド(ファイル共有サービス)をプライベートで活用している。(11%)
第5位:美味しそうな食べ物、綺麗な景色があるとつい写真に収めたくなる。(10%)


【調査結果のポイント】
・入社後すぐに同期とSNSでつながると答えたフレッシャーズは18%にのぼった。
・フレッシャーズの5人に1人がSNS上に100人以上の友達を持っている。
・仕事以外のPC利用に関しサイト閲覧、調べものに続いてFacebookがランクイン(15%)した。
・プライベートでクラウド(ファイル共有サービス)を活用している、美味しいものや綺麗なものを写真に収める、と答えたフレッシャーズが10%を超えた。
・よく使われているアプリはSNS(33%)だった。


「WDLC会員企業 フレッシャーズ向け調査」
調査期間: 2013年4月15日~5月7日
調査方法: 直接アンケート調査
調査対象: WDLC会員企業 2013年4月入社~2010年4月入社(入社3年以内)
      http://www.wdlc.jp/member/company.html
回答数 : 9社(51名)

@Press

トピックスRSS

ランキング