シニアの買い物実態に関する調査 第二弾

@Press / 2013年5月10日 15時30分

グラフ1
シニアマーケットの専門機関である株式会社シニアコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:山下 健太郎、以下 当社)は、2013年4月に50歳以上男女に対して、「買い物に関するアンケート 第二弾」と題した調査を実施しました。

調査手法 :WEBアンケート調査
対象者  :50歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
有効回答数:909人(男性627人/女性282人)
実施時期 :2013年4月

この調査では、ニュースや報道で、国内の景気やデフレといった経済状況が回復傾向になりつつあると報じられる時期において、シニアの方の家計状況や消費意欲について聴取しました。
その結果、1年前と比べた家計の変化とその変化を受けた消費意欲について特徴的な傾向が見られたため、このリリースではいくつかの項目を抜粋してご紹介します。


《当リリースで紹介する主な内容》
■1年前の同時期と比べた収入・資産
Q_1年前の同じ時期と比べて、月々の収入は、どのように変わったか
Q_1年前の同じ時期と比べて、金融資産の金額は、どのように変わったか
Q_1年前の同じ時期と比べて、増えた金融資産の種目
Q_1年前の同じ時期と比べて、金融資産が増えた理由や要因

■収入・資産の変化を受けた消費意欲
Q_1年前と比べて収入・資産が増えた分を、消費にしようと思うか
Q_収入・資産が増えた分を消費しようと思う、具体的な買い物の内容


■フローが減った方が全体の4割近くを占めるのに対し、4人に1人のストックは増加
まず現在の家計状況として、1年前の同時期と比べたフロー(収入)とストック(金融資産)の変化を見ると、次のようになります。
http://www.atpress.ne.jp/releases/35476/a_1.jpg

【調査結果】
●まずフロー(月々の収入)を見ると、1年前の同時期と比べて「収入が増えた」方は、対象者全体の1割弱に留まります。
●一方ストック(保有する金融資産)を見ると、全体の28%が「金融資産は増えた」と回答し、およそ4人に1人の保有金融資産が1年前より増加したと言えます。
●個別の傾向では、年齢層が高くなるにつれて「金融資産は減った」割合がやや高まる傾向が見られました。


■国内景気の上昇を受けて、「株式/投資信託」による資産増加が顕著
さらに家計状況について、4人に1人が増加傾向を見せたストックにフォーカスして、その変化の内容や理由・要因を分解して見ていくと、次のようになります。
http://www.atpress.ne.jp/releases/35476/b_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング