タヒチアンノニ カフェ たっぷり野菜を使った抗AGEメニュー 「たっぷり野菜のミネストローネごはん」を5月13日(月)から期間限定で発売

@Press / 2013年5月13日 16時0分

たっぷり野菜のミネストローネごはん
モリンダ ワールドワイド インク 日本支店(所在地:東京都新宿区)が運営するタヒチアンノニ カフェは、抗AGEメニューとして期間限定で「たっぷり野菜のミネストローネごはん」を5月13日(月)から8月31日(土)まで発売します。

最近、老化の原因物質として特に注目されているAGE(終末糖化産物)を体に溜めないために工夫したメニューで、たっぷりの野菜をゆっくり煮込み、玄米とともに食べることで食事から体内へ取り込まれるAGE量を減らすことができます。モリンダ ワールドワイド インクが2013年に世界中で展開する抗AGE啓発活動の一環として、タヒチアンノニ カフェも抗AGEメニューを展開していく予定です。

タヒチアンノニ カフェ: http://tncafe.jp/
AGEについての詳細  : http://Truage.com/jp


<メニュー概要>
【たっぷり野菜のミネストローネごはん】
トマトジュースで仕上げた新鮮野菜たっぷりのミネストローネをタヒチアンノニティーで炊き上げた玄米とともに。
ホワイトセロリのシャキシャキとした新鮮な食感と、豊富な野菜をスライブ マキシドイドや生姜の隠し味とともにお楽しみいただけます。
栄養バランスがとれたヘルシーな抗AGEメニューは特に夏におすすめです。

メニュー名:たっぷり野菜のミネストローネごはん
金額   :890円(税込)
発売日  :2013年5月13日(月)~2013年8月31日(土) 【限定販売】
使用食材 :セロリ・ホワイトセロリ・大豆の水煮・ブロッコリー・
      エリンギ・ズッキーニ・玉ねぎ・トマトジュース・生姜・
      スライブ マキシドイド


<ご参考>
【AGEとは】
AGE(終末糖化産物)とは、主にたんぱく質が糖と結びついた有害な合成物質。体内で余った糖によってつくられ、暴飲暴食、運動不足など不健康な生活習慣により蓄積されていく。

【AGEを減らすための食事法】
●野菜や果物を積極的に食べる
 揚げ物、乳製品、肉など脂肪が多く高カロリーなものは糖化を促すため、AGEの産生を抑制する野菜や果物を多く摂取する
●野菜を先に食べる
 食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑える
●アルコールを控える
 栄養が少なく、糖質・カロリーの高いアルコールはAGEを増やす要因
●調理法を工夫する
 炒める、焼く、揚げるなど、高温での調理により食物は糖化するため、生で食べる、蒸す、茹でるなどの調理法を用いる
●よく噛んでゆっくり食べる
 急激な血糖値の上昇を抑える

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング