2015年問題(※1)をふまえ、ケアマネジャーへの適切な情報提供が急務! ケアマネジャーへの排泄ケアに関する調査報告 2012年8月実施

@Press / 2013年5月20日 11時0分

介護者が困難と感じている介助活動
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、「高齢者の排泄ケア」における家族介護者が抱える問題を明らかにし、改善の方向性への示唆を得るため、ケアマネジャー(※2)に対し、アンケート調査を行いましたのでご報告いたします。

※1 2015年問題とは、団塊世代が2015年にすべて65歳以上を迎え、このあいだに高齢者人口が急増することによっておこる問題。
※2 ケアマネジャーとは、2000年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画を作成する専門職のこと。介護支援専門員ともいう。


■調査概要
実施時期:2012年8月
調査方法:インターネット調査
対象  :現在ケアマネジャー業務に従事しているケアマネジャー 計500名


■調査目的・背景
昨年、総務省がここ5年間で「団塊の世代」が65歳を迎え、いわゆる高齢者とされる65歳以上の人口が3,000万人を超えたと発表したことで、今後ますます介護に関する問題が深刻化してきます。介護の中で「入浴・食事・排泄ケア」が三大介護とされていますが、「家族介護者の実態と支援方策に関する調査研究事業報告書」によりますと、家族介護者が困難と感じている介助項目では、「排泄介助」が1位で突出しており、介護者の負担が特に大きいことがわかります(※3)。そのような中、近年では自立支援や在宅ケアへの方向付けが強化されつつあり、ケアマネジャーへの役割に対する期待が高まっております。そこでこの度、「排泄ケア」においての家族介護者の相談内容やケアマネジャーの対応についての実態を明らかにする為に、ケアマネジャーを対象に排泄管理に関するアンケート調査を行いました。

※3 「介護者が困難と感じている介助活動」グラフ参照
http://www.atpress.ne.jp/releases/35562/1_1.jpg


■調査結果
(1) あなたは担当の利用者・ご家族から、排泄に関してどのような悩みを相談されることが多いですか?(複数回答)
→ご家族の方からの相談内容で最も多かったのが「認知症の方の排泄ケア」70%で、次いで「夜間の排泄ケア」67%でした。
http://www.atpress.ne.jp/releases/35562/2_2.jpg

(2) あなたは相当の利用者・ご家族からの排泄に関する悩み相談もふまえて、どのようなサービスをケアプランに導入していますか?(複数回答)
→最も多かったのが「福祉用具貸与」65%で、次いで「特定福祉用具販売」64%となりました。
http://www.atpress.ne.jp/releases/35562/3_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング