ブライトコーブは新サービスVideo Cloud Liveを発表、ライブ動画イベントのセットアップ、管理、マネタイゼーションが簡単に

@Press / 2013年5月15日 9時30分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)の米国本社であるBrightcove Inc.( http://www.brightcove.com/ )(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、会長兼CEO:Jeremy Allaire、NASDAQ:BCOV、以下 米Brightcove社)は、現地時間2013年5月14日、マルチビットレートライブストリーミングモジュールBrightcove Video Cloud Liveを発表しました。高品質なライブ動画イベントを、デスクトップやスマートフォン、タブレット、コネクティッドTVなどに提供することができます。すでにVideo Cloudをご利用いただいているお客様にはおなじみのワークフローで、ライブ動画イベントのライフサイクル全体の管理や、リアルタイム分析へのアクセス、広告によるライブコンテンツの収益化、ライブイベントからVODアセットのシームレスな作成が可能となります。

今日ではライブ動画は主流となってきており、コンテンツパブリッシャは、ストリーミングコンテンツへの即時アクセスに対する消費者のニーズに応える必要があります。実際、Accentureによる最近の多国籍の消費者調査(※)によると、タブレット所有者の29%がタブレットデバイスでライブ動画コンテンツを視聴しています。さらに同調査では、コネクティッドTV所有者の53%はライブコンテンツをストリーミング視聴し、21%がモバイルデバイスやスマートフォンでライブイベントを楽しんでいることが分かっています。

(※) Accenture - Video-Over-Internet Consumer Survey 2013


Video Cloud Liveでは、あらゆる規模のコンテンツ所有者が、急成長しているライブ動画の機会を活用し、セットアップから配信完了まで、ライブ動画イベントを迅速かつ簡単に運営するのに役立つ包括的なソリューションを提供します。

●直感的なダッシュボードで、Video Cloud Publishingモジュールで作成したカスタムプレーヤのプリロール広告、スポンサーのステッカーやロゴを動画内に表示することで、ライブコンテンツを収益化できます。

●マルチビットレートレンディションをカスタマイズしたり、あらかじめ設定されているSD/HDレンディション設定を使用して、あらゆる視聴画面サイズやネットワーク環境での再生を最適化できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング