[生活トレンド研究所レポート]「住宅」に関する調査を実施

@Press / 2013年5月15日 16時0分

グラフ1、表2
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営するマーケティング・チャネル「生活トレンド研究所」は、第七弾のレポートとして、All About『家づくりトレンド情報』ガイドの河名 紀子氏を研究員ガイドに迎え、「住宅」に関するアンケート調査を実施しました。
調査協力は、株式会社マクロミル。調査期間は2013年3月5日(火)~2013年3月6日(水)、1都3県で戸建て住宅に住む45~64歳の男女800名から有効回答を得ました。

■「生活トレンド研究所」のURL: http://allabout.co.jp/trend_lab/


【調査結果のポイント】
1) “リフォームニーズ”が浮き彫りに?今の家は将来「リフォームしたい」が33.3%
リフォームをしたい理由は、「当初よりだいぶ古くなったため」(64.3%)が1位

2) 男性は女性よりも「二世帯住宅願望」が強かった?
現在の持ち家を子や孫に住み継いでもらいたい理由は、「子世帯と一緒に住むため」男性が54.4%、女性は30.8%

3) “シェアハウス”に対する興味関心は女性のほうが高い
「住んでみたい」男性は12.8%、女性は21.1%

4) これからの暮らし、女性よりも男性のほうが「配偶者との生活を楽しみたい」
女性は「ソーシャルと個をバランスよく」、「同年代との交流を深めたい」と回答


■「家づくりトレンド情報」ガイド 河名 紀子氏のコメント
現在の持ち家から住み替えたい(売却・賃貸として出す)という人は少なく、リフォームをしてでも住み続けたい人が多いことから、住宅業界で期待されているリフォーム需要は潜在的にあることがわかります。また男女ともに40代から「老朽化や耐震性」を気にしてリフォームを考え始めており、特に男性がその部分を気にかける傾向が強い。ここでも潜在的なリフォーム需要はありそうです。

一方、「二世帯住宅で子や孫と住みたい」と思っているのは女性より男性のほうが強く、「ソーシャルと個をバランスよく」「同世代の友人との交流を深めたい」「シェアハウスへの共感」では女性のほうが強く出ました。

最近の市場調査でも指摘されていた「男性は妻や家族のほうを向き、女性は社会や友人のほうに向いている」構図が再確認された形ですが、こうしたミドル・シニアの男女差を意識した新しい住み方の提案が、日本の金融資産を動かし内需経済を活性化させるカギになるかもしれません。

@Press

トピックスRSS

ランキング