生徒1人1台タブレットと新しいデジタル教材の導入をクアルコムと発表

@Press / 2013年5月16日 18時0分

学習に最適なタブレット端末
 「ルネサンス高等学校」(茨城県久慈郡大子町、校長:桃井 隆良)及び「ルネサンス豊田高等学校」(愛知県豊田市、校長:犬塚 清和)は、クアルコムのWireless Reachイニシアチブ(※)と、「タブレット×デジタル教科書」プロジェクトを開始することを本日発表しました。


 2011年からクアルコムのWireless Reachイニシアチブと、スマートフォンを学習に取り入れる「スマートフォン×デジタル教科書」プロジェクトに取り組んできました。今回、Wireless Reachイニシアチブからの新たな支援に基づき、3GやLTEなどの通信サービスを利用することでいつでもどこでも学習可能な環境が実現するとともに、より強力な機能や洗練されたグラフィックス、さらに大量のテキストも読みやすい、より大きな画面など、スマートフォンでは得られないメリットを提供できるタブレットを生徒に配布することを決定しました。両校では今年度、全生徒約5,000名にタブレットを配布する予定です。

 またタブレットの導入により、ナショナルジオグラフィック協会のデジタル教材を英語学習に利用することができるようになりました。タブレット上で電子書籍リーダー・アプリケーションを使うことで、分からない単語を素早く調べたり、重要な単語やフレーズをメモや色付けしてハイライトすることも簡単にできます。

 両校は、生徒が自ら希望する進路に挑戦し未来を切り開く能力を身につけることを目的とし、eラーニングスタイルと通信制単位制高等学校の新たなステージの実現を目指してまいります。


(※) クアルコムのWireless Reachイニシアチブは、社会貢献活動の一環として、3Gワイヤレス技術を利用し地域の活性化を支援するプログラムです。クアルコムおよびWireless Reachイニシアチブの詳細については下記をご覧下さい。

詳細: http://www.qualcomm.co.jp/
    http://www.qualcomm.co.jp/wireless-reach

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「タブレット×デジタル教科書」プロジェクト

@Press

トピックスRSS

ランキング