中堅・中小事業所向けビジネスフォン「Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズ(情報機器)」の販売開始について

@Press / 2013年5月21日 15時30分

Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズ
 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)は、中堅・中小事業所向けビジネスフォンとして「Netcommunity SYSTEM αNXシリーズ(情報機器)」を平成20年10月31日(金)から販売してきましたが、その後継機種として、「Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズ」(以下、本商品)を平成25年5月27日(月)から販売開始します。

Netcommunity SYSTEM αNXII(ネットコミュニティ システム アルファ エヌエックスツー):
http://www.atpress.ne.jp/releases/35681/1_1.jpg


1.概要
 本商品は「Netcommunity SYSTEM αNXシリーズ」の後継機種として、前機種で提供した機能や利便性を踏襲するとともに、「ecoモード機能」等の新機能の追加や、「スマートフォン連携」「音声メール機能」の強化を図った、中堅・中小事業所向けビジネスフォンです。
 前機種と同様、お客様の利用シーンや規模に合わせた4タイプの主装置をラインアップするとともに、3色のカラーパネルを採用した新デザインの電話機を提供します。


2.主な特長
(1) ecoモード機能により消費電力を低減
 ecoモード機能により、業務終了後やお昼時等の電話を使わない時間帯に、主装置から電話機への給電を停止することができます※5。電話機による手動での操作に加え、事前のタイマー設定によるecoモードへの切り替えも可能で、電話機不使用時の待機電力の抑制に役立ちます。

※5 ecoモード設定時は電話機が着信・鳴動しなくなります。ただし、通常の発信は可能です。

(2) スマートフォン連携の強化 <別紙1参照>
 スマートフォンを内線子機化する機能に加え、本商品の販売開始に合わせ、スマートフォンから本商品の電話機の「在席」「外出中」等の状態(プレゼンス)を確認することが可能な専用アダプタ「WEBアドレス帳BOX(情報機器)」を提供します※6。
 WEBアドレス帳BOXを利用すれば、外出先からも社内の電話機のプレゼンスが判別できるため、適切でスムーズな連絡方法を選択することが可能です(プレゼンス管理機能)。また、スマートフォンからWEBアドレス帳BOXにアクセスし、連絡したい相手をタップするだけで、相手に電話をかけることもできます(ワンタッチコールバック機能)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング