「学校内予備校」を設置し、私学の偏差値ランキングアップを実現~塩野 時雄演出・高校プロデュース~

@Press / 2013年5月27日 9時30分

塩野 時雄
一般財団法人日本学力検定協会 理事長の塩野 時雄は、「学校内予備校」によって、独自ノウハウを駆使し、埼玉県のO高校を合格実績ほぼゼロ状態(1996年/法政大学1名)から東大合格(2011年)を始め、2012年度MARCHレベル合格者269名(全国ランキング50位)まで引き上げ、見事「学校再生」を果たしています。

この他、手がけた数校の高校はすべて注文通りの「合格実績」を叩きだし、再生工場の役割を果たしています。手法は、単なるコンサルだけではなく、予備校講師という合格実績を上げるための「実行部隊」を引き連れて学校改革を図る点に特徴があります。


【<日本初>ランキングアップを実現、大学進学後も就職指導】
予備校へ通う場合、通常は学校授業終了後になります。当然、生徒には肉体的、精神的な負担が強いられます。また、保護者には月謝という金銭的な負担がかかります。ところが、「学校内予備校」をオープンすれば、生徒が校外に出かける労力が省かれ、保護者の経済的な負担も軽減されます。さらに大学進学後も就職指導する機能を持つ「学校内予備校」は日本で唯一の機関と言えます。


【4大特徴】
最近、大手予備校が高校現場へ公私を問わず予備校講師を派遣しています。しかしながら、「合格実績」を上げたという例を聞くことができません。ほとんどが失敗し、もうコリゴリだというケースが続出しています。

(1) 大学進学後・就職まで指導「グローバル人材学力検定」実施
通常、高校は卒業後の大学生に就職させるまでの責任はありません。本学校内予備校では、大学進学後も「グローバル人材学力検定」を行い、英文の数学問題を解き、SPI等の就職試験対策を行います。
また、定期的にセミナー等を実施。人材紹介会社と提携し、面接などの特訓もします。

(2) 授業力と常識力を兼ね備えた予備校講師を派遣
大手予備校が失敗する理由の1つは、「人選」の失敗です。学校向きの講師を選抜せずに無造作に送り込むケースです。
常識がなく、挨拶、言葉遣いなど社会人マナーに欠けた講師は、学校内で学校教員とチームワークが組めません。教員を大学受験指導ができないと見下し、協力体制が組めないまま分裂することになります。学校教員も教員免許がない人間は、やはりダメな人間だと思うので、かみ合うはずがないのです。
このため、当法人では、授業力と常識を兼ね備えた人材を派遣します。

(3) 負担額の軽減
大手予備校は「授業料」が高く、継続が難しいことがあります。50分間(2万円)では、負担金額が多く、継続実施が困難になります。高校側は、時給条件を現実的に下げて、対応する派遣元を選定すべきです。
当法人では、50分で1万円という無理のない講師を学校へ派遣します。条件よりも学校(子供)が好きだという講師を優先して、派遣します。学生時代に塾講師に熱中し、教職を取りそこなったようなタイプを学校に派遣すれば、成功する確率が高まるのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング