サテライトオフィス、Google Apps(TM) 導入企業向けに、Google + の利用制限機能を無償提供 サービス名:サテライトオフィス・メール/SNS誤送信防止機能for Google Apps

@Press / 2013年5月24日 10時0分

Google + 制御機能
Google Enterprise Partner であり、Google Apps for Business (以下 Google Apps )の販売代理店である株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊)は、Google の Google Apps を使った社内情報システムの導入支援サービス(サテライトオフィス・プロジェクト、 http://www.sateraito.jp/ )の中で、Google Apps を導入した企業向けに、Google + の利用制限を行う機能を、Google Apps Marketplace から無償提供する事を発表いたします。(サービス名:サテライトオフィス・メール/SNS誤送信防止機能 for Google Apps)

サテライトオフィスは、Google Apps 導入支援の中で、Google Apps で利用可能なメール誤送信防止機能、シングルサインオン機能、ワークフロー機能、組織カレンダー機能、組織アドレス帳機能を無償提供しております。今回は、Google Apps 導入企業で、特にニーズの多かった、Google + の利用制限を行う機能を無償提供いたします。ビデオ通話を通じて会話を楽しめるコミュニケーションツール「ハングアウト」を利用する場合、Google + 機能を有効にする必要がありますが、Google + 自体を利用させない機能、または、Google + のコミュニティー機能のみに利用制限し、管理者が、社内メンバーだけをコミュニティーに参加させる事で、社内SNSを実現する事が可能になります。

サテライトオフィス・メール/SNS誤送信防止機能 for Google Apps の主な機能は下記になります。

<メール誤送信防止機能>
・To,Cc,Bccにドメイン外のアドレスが入っていると警告を出す機能
・Bccに特定のメールアドレスを必ず入れて送信させる機能
・ToやCcに20件以上のメールアドレスが入っていると警告またはエラーとさせる機能
・メール本文に特定のキーワードが入っていたら警告またはエラーとさせる機能
・添付ファイルの拡張子をZip、Lzh(拡張子を複数指定可)に限定し、警告またはエラーとさせる機能
・添付ファイルの容量制限する機能
・添付ファイルがある場合のユーザー確認機能メッセージを出す機能
・利用ログ機能
・IE/FireFox でもご利用可能

@Press

トピックスRSS

ランキング