サイレックス・テクノロジー、文教市場向けのタブレット端末対応を強化~Network Display Adaptor管理ソフトNetDA ManagerをWindows 8対応~

@Press / 2013年5月29日 11時0分

図1 NetDAを使ったタブレットとディスプレイの通信
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、文教市場向けに普及するタブレット端末への対応を強化することを目的に、Network Display Adaptor(以下 NetDA)の管理用ソフトウェア『NetDA Manager』をWindows 8に正式対応いたします。5月29日からサイレックスのホームページからダウンロード可能となります。

NetDAは無線LAN・有線LANを通じてPCやタブレットの画像・音声を遠隔のディスプレイに伝送する製品です。インタラクティブ機能をもつタッチパネルディスプレイ等であれば、ディスプレイ側の操作を遠隔のPCやタブレットに同期させることもできます(図1参照)。

図1 NetDAを使ったタブレットとディスプレイの通信
http://www.atpress.ne.jp/releases/35919/1_1.jpg


今回、サイレックスはこのNetDAの管理用ソフトウェア『NetDA Manager』をWindows 8に対応することで、特に文教市場における市場開拓を進めます。

文教市場では、平成23年4月に文部科学省から「教育の情報化ビジョン」が発表され、児童・生徒全員に情報端末を配布する方針が決定するなどICT教育化が推進されており、その中でWindows 8対応タブレット端末の採用が多数見込まれています。
NetDAを使えば、教室に設置されている大画面TVに教師のタブレットから画像を映し、より視覚的にわかりやすく説明したり、インタラクティブボードに対して生徒がもつ端末をそれぞれ接続して、画面上で活発にやり取りをしながら参加型の授業を行ったりすることができます(図2参照)。
また、NetDAには無線LANアクセスポイント(親機)機能も搭載しているため、これ1台で教室の無線LAN環境を構築することができます。
サイレックスはICT関連製品を教育機関(小中高)に販売しているシステムインテグレータや、無線LANを活用してICT教育を推進している各教育委員会における指導主事の先生方への提案に力を入れていきます。

図2 インタラクティブな授業風景イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/35919/2_2.jpg

図3 Network Display Adaptor『SX-ND4050G』
http://www.atpress.ne.jp/releases/35919/3_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング