業界最大級のサーバー性能を搭載したマネージド仮想専用型サーバーサービス「Bizメール&ウェブ プレミアム」の提供開始について

@Press / 2013年5月29日 11時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、中堅・中小法人向けレンタルサーバーサービス「Bizメール&ウェブ」において、仮想専用型サーバーの「Bizメール&ウェブ プレミアム」を2013年5月29日より提供開始します。
 本サービスは、メールやWebサイトの高度化・多様化ニーズに応え、安定したアプリケーション動作環境を構築できる、CPU 最大16コア、メモリ 最大128GB、HDD 最大1TBまで拡張可能な業界最大級のサーバー性能を有しています。また、サーバー構築・運用からセキュリティ対策までをまとめてサポートするマネージドサービスを標準提供しており、お客さまのビジネス展開に必要不可欠なメールやWebサイト環境を安心してアウトソーシングできます。


1. 背景
 近年、企業においてメールやWebサイト環境の構築・運用が高度化する一方で、情報システム担当者の確保が困難な企業では、自社でのサーバー維持やその運用管理が難しい状況にあります。
 NTT Comでは、このような状況を踏まえ、自社サーバーに構築したメールやWebサイト環境を安心・簡単にアウトソーシングできるレンタルサーバーサービス「Bizメール&ウェブ」を展開していますが、新たなラインアップとして、大規模サイトにも対応可能な拡張性を持ち、運用管理サポート機能を充実した「Bizメール&ウェブ プレミアム」を提供することとしました。


2. サービスの特長
(1) CPU 16コア、メモリ 128GB、HDD 1TBまで拡張可能な仮想専用型サーバー
 本サービスは、共用サーバー内でお客さまごとにサーバーリソースを専有化することで、専用サーバー並みのパフォーマンスと共用サーバー並みの低価格を実現した、仮想専用型サーバーサービスです。サーバーリソースは、CPUを最大16コア、メモリを最大128GB、HDDを最大1TBまで拡張できるため、大規模なWebサイトの構築にも対応可能です。

(2) お客さまのアプリの運用管理をサポートするマネージドサービス
 メールとWebの基本アプリケーションの初期設定、セキュリティ修正プログラム(セキュリティパッチ)の更新などに加えて、基本アプリケーションの動作状態をお客さまごとに管理し、安定稼働をサポートします。
 これにより、お客さまはサーバー構築、アプリケーションの運用管理からセキュリティ対策までをより安心してアウトソーシングができ、運用管理コストを削減できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング