WINAICO 「QUANTUM」モジュール シリーズから住宅市場向け太陽電池 48セルモジュールを3種リリース

@Press / 2013年6月3日 11時0分

WINAICO
台湾最大の太陽光発電モジュールメーカーであるWINAICOは、ご好評いただいております高効率セル「QUANTUM」モジュール シリーズの48セルモジュールの製造を開始しました。
高パフォーマンスの新しいモジュールは、公称容量で210W、215W、220Wの3種があり、量産されている48セルモデルの中では最高水準のアウトプットを誇ります。新しいモジュールは標準的なWINAICOのブラックライン多結晶48セルモジュール(1,347×999×40mm)と同じ大きさでありながら、16.35%という驚異的なモジュール効率を実現しました。48セルモジュール及び高効率の60セルモジュールはWINAICOの日本オフィスにて販売しております。


■製品の特長
WINAICOは、高効率性を達成するために統合された背面の不動態化と選択エミッタ技術(Passivated Emitter and Rear Cell - PERC)を使用しています。本モジュールは背面の不動態化技術の採用により、高い光収率と改善された温度係数を達成しました。低光度下及び高温下での活動効率の向上により、年間の収率がより高いものとなります。

<住宅市場向けのモジュール>
寸法:48セルモジュール (1,347×999×40mm)
出力:220W
モジュール変換効率:16.35%

※新型のモジュールは220W・16.35%モジュール変換効率までご提供できます。


■サーシャ・ロスマン氏のメッセージ
グローバル・セールスのバイス・プレジデント、サーシャ・ロスマン氏は次のように述べています。
「この新シリーズは一般の住宅に設置を考える顧客にとって、現在市場の中でも平方メートルあたりの産出量が最も高い水準のモジュールを提供しています。このモジュールは日本のように非常に限られたスペースの中で屋根への設置が必要な場合でも最高のパフォーマンスをお客様に提供するために特別に開発されたものです。我々が継続的に研究・開発、及び工程改善に投資してきたことにより、現在一般的に販売されている48セルモジュールよりも10~20%高い公称生産量を達成することができました。更に台湾製のセルのみを使用し、PERC技術を使用することにより16.35%という、48セルモジュールにしては非常に良い結果を出すことに成功しました。60セルQUANTUMの発売開始に伴い、非常に良好な反応をいただきましたが、今度は48セル版を発表させていただきます。本モジュールの発表は今一度、我々が高効率の太陽光発電モジュール分野における品質と技術面でのリーダー的存在であることを証明するものとなるでしょう。」


■WINAICO - メーカー及びシステム・サプライヤー
WINAICOは台湾の半導体メーカーWin Win Precision Technology Co., Ltd.の100%子会社として、高性能結晶モジュールを世界中で生産、販売しています。
更に、太陽電池のシステム供給も行い、一体型の太陽光発電システムパッケージも提供しています。当社の主な顧客は太陽電池のスペシャリスト、太陽電池技術者、太陽電池の設置技術者、プロジェクト・デベロッパーなどです。
太陽電池の設置技術者はWINAICOの台湾製の高性能、高品質な商品に加え、包括的なコンサルテーション、プランニング及びメンテナンスを受けることができます。豊富な在庫により、迅速にWINAICO製品を手にすることが可能になります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

住宅市場向けのモジュール

@Press

トピックスRSS

ランキング