スマホ液晶 破損の理由は、保護シートへの知識不足!?約8割が「シート利用」にもかかわらず画面を割った経験有 しかも、半数以上が使用している保護シートの種類を知らない結果に

@Press / 2013年6月12日 10時30分

グラフ1
株式会社ネオマーケティングは、スマートフォンを所持する男女600人を対象に『スマートフォンアクセサリーに関する調査』を実施いたしました。


■スマートフォンの定番「保護シート」!利用者は全体の87.0%。
でも半数以上が自分の「保護シート」の種類を知らない結果に

ポケットやバックに入れることが多いスマートフォン。購入時には液晶画面を保護する「保護シート」をセットで購入することが多いようですが、その利用率はどのくらいなのでしょうか。
スマートフォンを所持する男女600人に「スマートフォンの液晶保護シートを利用していますか」(単一回答)と尋ねたところ、全体の87.0%の人が「利用している」と回答。やはりスマートフォンを所持している人ほぼ全員が保護シートを利用していることがわかりました。今や「保護シート」はスマートフォンアクセサリーとして必需品といえそうです。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/36053/a_1.png


必需品の「保護シート」ですが、「保護シート」と一言で言っても各社から様々な種類・用途のものが販売されています。画面が綺麗に見えることが特長の“光沢フィルム”や太陽光や蛍光灯の映り込みを防止する“反射防止フィルム”などが定番ではありますが、自分が使っている保護シートの種類についてどのくらいの人が把握しているのでしょう。「保護シート」を利用している522人に「自分の使用しているスマートフォンの液晶保護シートの種類を知っていますか」(単一回答)と尋ねたところ、57.1%が「知らない」と回答。半数以上が自分の使っている「保護シート」がどういうものか知らないまま購入していることが明らかになりました。
87.0%が使用するのに種類を知らない「保護シート」。利用者には不満はないのでしょうか。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/36053/b_2.png


■「保護シート」の使用で気になるポイントは、貼った時の“気泡”と
使っていくうちにできる“傷”“指紋”が上位に

「保護シート」を利用している522人に「保護シートを購入し、使用した際に気になったことを教えてください」(複数回答)と尋ねたところ、55.2%の人が「気泡が入った」ことを挙げました。購入時「保護シート」を綺麗に貼れず、画面に気泡ができてしまう悩みを抱えている人が多いようです。その他には、使用していくうちに感じる「指紋でよごれるのが気になる」(42.1%)、「画面が傷ついて見にくくなった」(20.3%)と続きました。
多くの人が気になる点があるにも関わらず、保護シートの種類や特性についてはあまり知らないことが悩みの原因にも繋がるのではないでしょうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング