ビムーブ、動画配信機能『BeHLS』の提供開始 ~月額1万円からマルチデバイス対応のHLSでの動画配信機能の組み込みが可能に~

@Press / 2013年6月5日 12時30分

『BeHLS』の仕組み
ビムーブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:成尾 潤・竹内 信明、以下 ビムーブ)は、CMSやLMS、グループウェアをはじめとするWebサイトやアプリケーションに組み込むことで動画のアップロードから変換・配信まで可能になる『BeHLS』を、月額課金のサービスとしてリリースします。


■動画配信機能提供サービス『BeHLS』について
動画配信機能提供サービス『BeHLS』は、CMSやLMS、グループウェアをはじめとするWebサイトやアプリケーションに組み込むことでコンテンツ管理機能に加えて動画のアップロード・自動変換・配信等の機能をご利用になれる、月額課金のサービスです。

下記のように配信のための仕組みを、フロントとなるページさえあれば一括で提供できる機能となります。
『BeHLS』の仕組み: http://www.atpress.ne.jp/releases/36144/2_1.png

■開発背景
動画配信ASPを運営していく中で、動画コンテンツを多数持つ企業が増えており、コンテンツ管理も大変になっていると気付かされました。そこで、既存のCMS・LMS・グループウェアに簡単に、そして大容量の動画ファイルをアップロードして、視聴できる仕組みを開発しました。

■動画変換・保存・配信の標準機能
・100GBの大容量ストレージ
・マルチファイル・ワンソース対応
 (mov、wmv、avi、mpg、m4v、3gp、3g2、flv、mp4)
・HLS(HTTP Live Streaming)配信
・PC、スマートフォンへのワンタグ対応

■『BeHLS』の利用シーン
『BeHLS』は管理画面を持つ様々なWebアプリケーションへの組み込みが可能です。
・ASP型、SaaS型グループウェア上でのナレッジ共有として
・eラーニング学習管理システム(LMS)上の教材の品質・価値向上として
・ECサイト上での商品訴求力の向上として

■『BeHLS』の料金
100GBのストレージで月額1万円。ストレージの増量や、配信サーバのスケールアウトが可能です。

■『BeHLS』の展望について
ビムーブは2013年度、『BeHLS』を組み込んだライセンス事業において1,000万円の売上を見込んでいます。


BeHLSサイトURL: http://www.bemoove.jp/lp/behls/


■ビムーブ株式会社について
会社名: ビムーブ株式会社
URL  : http://www.bemoove.jp/
代表者: 成尾 潤(なるお ひろし)・竹内 信明(たけうち のぶあき)
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-61-11 第2駒信ビル2F
設立 : 2007年7月
資本金: 67,750,000円

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング