災害に強いまちづくりのために…誰でも参加できる防災イベント、横須賀市の大型分譲地【サンサタウン】にて6月16日(日)開催

@Press / 2013年6月6日 11時30分

防災イベントイメージ(当社実施風景)
株式会社リビングライフ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:炭谷 久雄、以下 リビングライフ)は、株式会社アサカワホーム(本社:東京都立川市、代表取締役:細渕 弘之)らと共に、横須賀市で分譲中の【ライフアソート横須賀サンサタウン】(以下【サンサタウン】、全238区画)にて、6月16日(日)、防災イベントを開催することとなりましたのでお知らせいたします。


<【サンサタウン】について>
【サンサタウン】は238区画すべてに太陽光パネルの設置を建築条件とした分譲地です。エネルギーの自給自足を目指す「災害に強いまちづくり」がコンセプトのひとつで、現在およそ170組の家族が新生活をスタートしようとしています。
そこで、リビングライフら事業主は【サンサタウン】のコミュニティの育成をサポートするべく、まちの完成に合わせて自治会館を建設し、住民の皆様に無償で提供することとしました。

【サンサタウン】の自治会館には、全戸に太陽光パネルが設置されるスマートシティにふさわしく、3kW相当の太陽光パネルを設置します。また、地震などの災害に備え、防災備蓄庫『まもりBOX』を用意し、太陽光パネルで作られた電力を貯めることのできる蓄電池をはじめ、発電機や投光器、かまどや仮設トイレなど、個人では用意するのが難しい大型の防災備品を納めることとします。これらの防災備品は、ライフラインが復旧するまでを3日間と想定し、その間を明るく・暖かく・安全にお過ごしいただきたいとの思いから提供するものです。
【サンサタウン】に隣接する森崎小学校は横須賀市の「震災時避難所」にも指定されており、【サンサタウン】の自治会館は、森崎小学校と連携した地域の災害対策拠点としての機能を果たすことも想定しています。


<イベント開催の背景>
6月16日(日)の防災イベントは、【サンサタウン】の住民の皆様はもちろん、周辺にお住まいの皆様にも防災に関する知識を深めていただきたいと考え企画しました。

まず、午前中の第1部では【サンサタウン】自治会館完成披露セレモニー&防災備蓄庫『まもりBOX』お披露目会を開催します。
新しい自治会の形成支援、近隣住民の方々とのコミュニケーションの場を設けることを目的とし、横須賀市及び横須賀市教育委員会の後援を得て、防災講習や森崎小学校の校長先生の講話、自治会館に納められる防災備品の説明・体験を行います。【サンサタウン】の子供たちによる防災備品の授受式もあり、主に【サンサタウン】の入居者・契約者を対象としたイベントです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング