3度目の夏!『うちわ de 節電 大作戦!』スタート オリジナルうちわ制作で被災地を支援する「節電チャリティーうちわ企画」参画協賛企業募集開始

@Press / 2013年6月6日 10時0分

株式会社シー・レップ(本社:大阪市中央区、代表取締役:北田 浩之)では、“COOL FOR JAPAN”をテーマとし、オリジナルうちわを制作して夏の節電を呼びかけると同時に東日本大震災被災地支援を行う「節電チャリティーうちわ企画」となる『うちわ de 節電 大作戦!』をスタートしました。
うちわの制作には、被災地圏で活動するデザイナーが参加、また石巻でつくられた紙を使用します。うちわの裏面には参画協賛企業の広告が入ります。企業からのうちわ制作費1本につき2円を義援金とし、被災地で活動している支援団体に寄付します。
本プロジェクトは2011年震災間もない夏から立ち上がり、3度目となる今年も、参画協賛企業の募集を開始いたしました。お申込受付は7月31日までとなります。


『うちわ de 節電 大作戦!』参画協賛企業募集概要(価格等詳細)、お申込・お問い合わせ先に関しては、公式サイトをご覧ください。
http://coolforjapan.com/


【節電チャリティーうちわ企画のここがポイント!】
1) 一人ひとりに効果的に伝えるツールになる!
暑いときに手に持って顔に近い位置で扇ぐ。家でも職場でも手に届くところに置かれる。そんな身近なところで節電に対する一人ひとりへの意識付けをしながら、裏面に施された参画企業のオリジナルデザインにより企業のCSR活動もアピール出来る非常に高い広告手法となります。

2) 暑い夏の実用品になる!
今年の夏も例年に増して暑い夏になるようです。そんな夏の必需品が“うちわ”。もらってうれしい、使って涼しいうちわは、夏を乗り切るための重要なアイテムになります。
クオリティの高い「オリジナルの節電デザイン」を複数用意していますので、親しみやすく、使ってもらいやすいうちわに仕上がっています。

デザインは下記URLにて閲覧できます。
うちわデザインページURL: http://coolforjapan.com/price/index.html

3) チャリティー活動になる!
参画企業からいただいたうちわ制作費1本につき2円を現地で活動している支援団体に寄付します(2011年:717,302円、2012年:204,600円を日本赤十字社へ寄付。支援団体の詳細についてはウェブサイトに掲載中)。
うちわの用紙は石巻で生産されているNPiコートグリーン70(PEFC)を使用しており、デザインは被災地圏で活動するデザイナーも参加しているので現地の活性化にもつながります。
またうちわの骨はエコマーク付きポリプロピレン対応です。
※仕様によって一部利用できない場合もあります。ご了承ください。


【会社概要】
社名  : 株式会社シー・レップ
所在地 : 東京 東京都文京区後楽2-3-28 KIS飯田橋6F
      大阪 大阪府大阪市中央区南本町1-8-14 堺筋本町ビル5F
代表社 : 代表取締役 北田 浩之
設立  : 1990年6月11日 ※株式会社ホーナンドーとして設立
事業内容: 認知・集客・販売促進に関する、
      各種メディア制作を含むサービスの提供
URL   : http://c-rep.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング