ロンジン、フランスのホースレース『ロンジン ディアヌ賞』のタイトル パートナーに就任 ― 2013年6月16日(日) @フランス・シャンティイ競馬場 ―

@Press / 2013年6月7日 9時30分

コンクェスト クラシック
「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、創業180周年以上の歴史を有するロンジン(スウォッチ グループ ジャパン株式会社、本社:東京都中央区銀座)は、6月16日(日)にフランス・シャンティイ競馬場で開催される、『ロンジン ディアヌ賞(The Prix de Diane LONGINES)』のオフィシャルパートナー、そしてタイムキーパーとして、3年連続して世界でも指折りの歴史ある3歳牝馬限定のフラットレースをサポートすることとなりました。

ロンジン ホームページ: http://www.longines.jp/


‘Elegance is an attitude' ~エレガンス、それは私の意志~ をブランドメッセージとするロンジン。

『ロンジン ディアヌ賞』の起源は1843年5月18日に遡ります。毎年4万人規模の観客を動員し、競馬発祥の地でもあるイギリスでは“フランス オークス”とも呼ばれ、紳士、淑女の社交場として、今も優雅で華やかなカルチャーが息衝く、トラディショナルな国際的レースです。

まばゆい色彩の中で開催される『ロンジン ディアヌ賞』当日の6月16日(日)は、エレガンスをフォーカスとして9つのエキサイティングなフラットレースが実施されます。3、4コーナー付近に、壮大なシャンティイ城が建つトラディショナルな空気を有するシャンティイ競馬場は、まさにロンジンが表現する上質なスタイルとエレガンスを具現化する理想的な空間といえます。

競技会は、競馬場のレースコース上だけに留まりません。
観客席やレースコース中央のディアヌ ガーデンアベニューでも繰り広げられます。「ロンジン ディアヌ賞」は、メジャーなファッションイベントとしても注目され、毎年、感嘆のヘッドドレスや衣装を身に纏った淑女が来場し「マドモアゼル ディアヌ ロンジン(Mademoiselle Diane par Longines)」として、最もエレガントな淑女が1名選出されロンジン エレガンス アンバサダーである、俳優のサイモン・ベイカーより「ロンジン エレガンス賞」が授与されます。

「ロンジン エレガンス賞」の授与式は、レースの前日となる6月15日(土)、隣接する格調高い、シャンティイ城でのガラ・ディナーで予定されています。

また、ロンジンでは、本年度2回目となる『ロンジン フューチャー レイシング スター(LONGINES Future Racing Star)』という、フランス、イギリス、ドイツ、アイルランド、イタリアなどヨーロッパ9カ国の将来有望な騎手の支援・育成を目的に主催するレースのプレゼンテーターも務めています。
本レースは、AFASECと実習騎手を養成するそれぞれの事業所の協力により構成されています。
本大会のロンジン オフィシャル ウォッチは『コンクェスト クラシック』です。
「伝統」、「エレガンス」、「パフォーマンス」、をテーマに時計作りを続けてきたロンジンは、長いブランドの歴史を通じ、集中、精度、そして経験が要求される馬術競技を精力的にサポートし、世界的レースとの関わりも歴任してきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング