クラウドファンディングで始める、町工場の新ビジネス カワイイ筋肉育成グッズ「くるくるパンプアップ」の製品化支援を募集

@Press / 2013年6月12日 9時30分

色付き「くるくるパンプアップ」
精密機械加工で切削と研削を行う有限会社光精工(所在地:千葉県富津市、代表取締役:秋山 和彦)は、カワイイ筋肉育成グッズ「くるくるパンプアップ」の製品化に向けた、一般の方からの支援募集をクラウドファンディング「zenmono(ゼンモノ)」により開始しました。

町工場発の本製品は、Facebookをきっかけに開発が始まり、Web、FacebookやTwitterを通じて製品開発が加速され、更に今回のクラウドファンディングによる資金調達を実施し、ネット販売を行っていきます。
町工場の自社製品づくりの新しいビジネスモデルとして実践していきます。

<くるくるパンプアップ製品ページ>
https://zenmono.jp/projects/1


■「くるくるパンプアップ」とは
ドーナツのような本体に内蔵された重りを回すことで、今までにない負荷を得ることができる筋トレ器具であり、とても軽く(0.5kg以下)小さいので老若男女使用することができ、自分で負荷を調整できるのでケガ等のリハビリにもご活用いただけます。(かかりつけの医師にご確認ください)また、持ち運びやすくいつでもどこでも使用することが可能です。

重いものを利用した筋トレに比べ、筋肉がパンパンになるパンプアップ状態になりやすい特徴があり、成長ホルモンが多く分泌されることで筋成長、脂肪燃焼、全身の若返り、の効果が期待できます。今までの筋トレ器具には無骨なものが多くありましたが、「くるくるパンプアップ」は女性も手にしやすいカワイイ筋トレ器具です。小さなお子さんでも簡単に扱えるような滑らかな動きは、専務取締役の元プロボクサー兼現役プロキックボクサーである秋山 大輔の「可動域の広い球体関節の肩を鍛えたい!」という想いからアイデアが生みだされました。

<製品紹介>
http://www.youtube.com/watch?v=pCMYKmApEK8


■Facebookを通じての製品開発
本製品の開発はFacebook上の呼びかけと、ネット上での交流・デザインの展示会イベントがきっかけでした。本製品においては、アイデアを形にした程度の製品サンプルを出展しましたが、どうしても今欲しいという方に、1台だけですが、予定外の販売をすることになりました。また、2012年11月に、ネット上で展示会が公開されると、予想以上の反響をメール、FacebookやTwitterなどでいただくことができ、本格的な製品開発を進めることになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング