“スマホ紛失に新たな対策”落し物返却サービス付きステッカー「リカバリーラベル」6月13日新発売

@Press / 2013年6月10日 12時0分

リカバリーラベル
ジャパンリカバリー株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:岡田 聡、以下 ジャパンリカバリー)は、2013年6月13日(木)にスマートフォン(スマホ)、携帯電話、タブレットなどに貼るだけで落し物が返ってくるサービス内容が記載されたステッカー「リカバリーラベル」を法人向けに特化して、発売いたします。
ラベルによる紛失対策と共に、企業の情報セキュリティ・コンセルジュとしてのサポートサービスも合わせて提供するモデルは、日本初となります。

詳細: http://keypost.jp/label.html

<リカバリーラベル>
http://www.atpress.ne.jp/releases/36234/1_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/36234/2_2.png


■急増するスマホ利用者と企業の情報漏えいリスク
米国の大手セキュリティ企業Outlookの調査によると、スマホ紛失による被害額は300億ドルというデータがあります。日本においてスマホ利用者は、2013年には4,000万台、2015年は6,000万台を突破すると推移されているほど、法人で営業効率を高める手段としてスマホ、タブレットの利用が急増しています。
スマホは顧客データ、提案資料、企業ノウハウなど企業の機密情報が入っている情報の塊です。万が一、紛失、置き忘れ等から情報漏えいとなれば顧客への信用等のリスクは大きくなります。JNSA(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)の調査によると、情報漏えいの原因は、携帯電話の紛失・置忘れ(29.2%)が一番の原因となっています。(※下記グラフ参照)

<情報漏えいの原因・グラフ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/36234/3_3.png

また同協会の調査によると、携帯電話を紛失した社員の割合は、1年間で100人あたり6.4人でした。(※下記、2010年度紛失の年間発生率を参照)

<調査対象:年間発生確率>
携帯電話の紛失盗難 : 6.4%
パソコンの紛失盗難 : 3.7%
USBメモリの紛失盗難: 4.7%
電子メールの誤送信 :40.3%


現在主な紛失対策となっているのが、リモートワイプ(遠隔操作による情報消去)です。しかしセキュリティ対策にかかるコストが高く、なおかつ電源が入っている時のみ使用可能なため、情報消去の成功率は10%前後と決して高くないのが実情です。

@Press

トピックスRSS

ランキング