4K映像のインターネット配信トライアルについて ~ “世界初”STB向け4K H.265/HEVC over Internet配信 ~

@Press / 2013年6月11日 15時30分

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:窪薗 竜二、以下 NTTスマートコネクト)は、セットトップボックス(以下 STB)向け4K映像のインターネット配信(“4K※1 H.265/HEVC※2 over Internet”)トライアルを、IMC TOKYO 2013※3(期間:平成25年6月12日(水)~6月14日(金)、場所:幕張メッセ)にて実施します。

※1:4Kについて
 4Kテレビは、従来のフル・ハイビジョン(1,920×1,080)の4倍となる3,840×2,160の画面解像度があります。1,000を意味するKを用いて、水平方向に約4,000個の画素数を持つテレビは4Kテレビと呼ばれています。

※2:H.265/HEVCについて
 H.265は、H.264/MPEG-4 AVCの後継動画圧縮規格で、HEVC(High Efficiency Video Coding)とも呼ばれています。H.265ではH.264の約2倍程度の圧縮性能がある一方、H.264と比較してより多くの演算量が必要となります。ITU-T及びISO/IECの標準化団体は、それぞれH.265及び23008-2として平成25年1月25日にHEVCを国際標準規格として承認されました。

※3:IMC TOKYO 2013について
 平成25年6月12日(水)・13日(木)・14日(金)の3日間、幕張メッセにて開催される、デジタルメディアのセミナー・展示会です。


1.背景・概要
 近年、家庭向け4Kテレビの発売が開始されるなど、高精細な4K映像への関心が高まっております。一方で映像サービスの4K対応については、従来のハイビジョン映像の4倍となる大きなデータの取り扱い等が課題となり、一般家庭で楽しむためのサービスの提供は遅れております。
 このような状況の中、NTT西日本及び、NTTスマートコネクトでは、光ファイバーの「高速・大容量」の特徴を生かした4K映像配信の早期技術確立を目指し、最新の次世代圧縮技術(H.265/HEVC)により圧縮された映像を、インターネット経由では世界初となる4K H.265/HEVC映像をSTBで再生するトライアルを実施いたします。


2.配信システム概要 (別紙参照)
 次世代映像圧縮技術(H.265/HEVC)により圧縮された4K映像を、NTTスマートコネクトの動画配信クラウドサービス「Smart STREAM」を利用して映像配信を実現します。
 NTTスマートコネクトのクラウドサーバから4K映像のコンテンツをインターネット経由で「4K H.265/HEVC」対応のSTBへストリーミング配信し、市販家庭向け4Kテレビに映し出します。

別紙: http://www.atpress.ne.jp/releases/36269/Z_5.pdf


3.今後について
 今回のトライアルを通じて、お客様の声や市場動向を参考にさせていただき、4K映像配信のサービス化に向けて、フレッツ光の伝送や映像品質の更なる向上、配信プラットフォームなどの技術蓄積を進めていく予定です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング