アメニティ・テクノロジー、「カビ指数」の活用でカビ予報から防カビ対策までをプログラムする新ビジネス登場

@Press / 2013年6月14日 9時30分

カビトロニクス
 クリーンルーム設計施工を始め、コンタミ制御技術を専業とする株式会社アメニティ・テクノロジー(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:永安 克志、以下 アメニティ・テクノロジー)はコンタミ等の可視化装置、「カビ指数」(※1)を利用してカビの発生時期を予測する装置などを発売しており、この度、それらの技術を結集して、カビ予報から予防までのプロセスを一元化したビジネスを開始いたしました。

URL: http://www.amenity-technology.com


■背景
 近年、カビは梅雨時に限らず発生し、文化財に及ぼす汚染から食の安全性への脅威、病院や介護施設内における患者や高齢者への日和見感染等の問題を引き起こしています。室内を温暖に保つため密閉性の高い建築が出来たことと引き換えに風通しが悪くなり、調湿効果の少ない建材によりカビが好む環境を助長してしまったことが大きな要因であります。
 対策として、各種の防カビ剤が開発されていますが、70,000種にも及ぶカビ菌の全てに有効な防カビ剤は開発されていません。また、単一薬剤では耐性菌の発生を呼び、強力な薬剤を使用した建材はシックハウス症候群の問題から姿を消してしまいました。防カビ剤によるカビ菌の制御は慎重に進めなければなりません。
 カビ菌は通常でも空気中を浮遊しており、主に糸状の菌糸と植物の種子に相当する胞子からなっています。栄養源があり、温度と水分が適当な発育に適した場所に着けば、2~3日で目に見えるかたまり(集落)となり、成長するに従い膨大な量の胞子を形成し分散されて増殖します。
 古来、日本の建築物は高温多湿の季節(夏季)に対応することを考えて作られました。有名な収蔵庫建築とされる正倉院は1200年以上もの間、その御物をカビに汚染されることなく保管し、土蔵は衣類や漆器、掛け軸などの財産を保管してきました。土壌からの水分を遮断する高床、優れた調湿効果の有る檜の校倉造り、漆喰などが日本の伝統を守ってきました。


 アメニティ・テクノロジーのカビ対策は、原点に立ち戻り、「カビ指数」の計測等によるカビの生えやすさの予測から始め、カビ発生の根本原因を排除し二度とカビが生えない環境を設計、必要な防カビ対策を提案します。カビ予報のノウハウとクリーンルーム設計施工のテクノロジーが一体となった予報から予防までの新しいサービスの提供が、このビジネスの骨子となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング