フルーク・キャリブレーション、2MPaまでの正圧を発生できるポータブル気体圧校正器「3130」を発売

@Press / 2013年6月14日 11時0分

気体圧校正器3130
株式会社TFF フルーク社(所在地:東京都港区、代表取締役:ホワン・イー・ジェイ)の校正器部門であるフルーク・キャリブレーションは6月13日(米国時間)、ポータブル気体圧校正器「3130」の販売を開始しました。

URL: http://jp.flukecal.com/3130

3130は、圧力トランスミッター、圧力トランスデューサー、圧力ゲージ等の校正に最適で、被校正器の出力の測定はもちろん、圧力の発生、制御、測定といった機能が全てこの一台に詰まっています。圧力センサーはフル・スケール2MPaで、確度は読み値の0.025% + フル・スケールの0.01%です。

3130には電動ポンプが内蔵されており、時間と労力を要するハンド・ポンプに比べて簡単かつ効果的な作業が可能です。また、被校正器との接続に大きな容量のある場合、工場のショップエアやガス・シリンダーを使用して最大2MPaを供給することができます。ボリューム・アジャスターにより圧力の微調整も可能です。

3130は電気信号の測定、圧力スイッチ・テスト、圧力トランスミッターや圧力トランスデューサーの校正など、多機能な圧力校正器です。フルークの700P圧力モジュールと接続して、圧力の測定レンジを250Paから2MPaまで拡張でき、圧力レンジによっては絶対圧や負圧にも対応します。


■株式会社TFF フルーク社について
全世界に販売ネットワークを広げる精密電子計測器メーカーである米国フルーク・コーポレーションの日本法人です。フルークの標準器および校正器は、世界各国の国立標準機関で幅広く採用され、各種のマルチメーターは世界のエンジニアの必需品として高く評価されています。さらに、情報通信分野におけるネットワーク管理の重要性にいちはやく着目し、LAN/WANの設置・保守・管理用ツールを提供しています。


■フルーク・キャリブレーションについて
フルーク・キャリブレーションは、米国フルーク・コーポレーションの校正器、標準器部門です。電気、温度、圧力、流量、RFといった分野の校正器、標準器、ソフトウェアを取り扱っています。フルーク・キャリブレーションの製品は現在世界各国の標準室でご利用いただいています。


■会社概要
社名    :株式会社TFF フルーク社
代表取締役 :ホワン・イー・ジェイ
本社所在地 :〒108-6106 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟 6F
ホームページ:校正器・標準器 http://jp.flukecal.com
       一般計測器 http://ja.fluke.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング