テラスの「Codeshore」、アライドアーキテクツ株式会社 オウンドメディア構築支援サービスで採用

@Press / 2013年6月17日 11時0分

株式会社ビットアイル(代表取締役社長兼CEO:寺田 航平、本社:東京都品川区、以下 ビットアイル)のグループ企業、株式会社テラス(代表取締役社長:寺田 航平、本社:東京都品川区、以下 テラス)は、ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(代表取締役社長:中村 壮秀、本社:東京都渋谷区、以下 アライドアーキテクツ)に、オフショア開発を活用したオウンドメディア構築支援サービス「aafactory」において採用されることとなりました。

テラスでは、子会社であるセタ・インターナショナル株式会社と共同で、ベトナムオフショア開発を展開しております。今年5月には「日本品質×オフショア価格」をキーワードとしたウェブ制作支援サービス「Codeshore(コーデショア)」(以下 Codeshore)の提供を開始し、ウェブサイト制作・運用のアウトソーシングサービスに注力しております。

アライドアーキテクツでは、2008年より展開するソーシャルメディアマーケティング事業「モニプラ」を通じてこれまでに約2,500社を支援し、特にソーシャルキャンペーン分野においては有数の実績を誇ります。また、2011年からはブログメディア「ソーシャルメディアマーケティングラボ」( http://smmlab.aainc.co.jp/ )を運営し、オウンドメディア構築・運用の最適化を追求。ソーシャルメディアとオウンドメディアの双方において、豊富な知見やノウハウを蓄積してまいりました。


■採用の経緯
アライドアーキテクツは、デザイン制作、企画・運営ノウハウ、システム開発力、さらにCGM(消費者育成メディア)/クチコミを加えた「ウェブの総合力」をもって、オウンドメディア構築支援サービス「aafactory」を展開しております。
この度、当該サービスの一層の拡大を視野に入れた、ウェブサイト制作のスピードアップと品質維持という二つの目的のため、テラスのウェブ制作支援サービス「Codeshore」が採用されることとなりました。士業系ウェブサイトのデータエントリー業務(今後3カ月間でおよそ30サイトの制作予定)を皮切りとし、テラスからアライドアーキテクツへ、「Codeshore」のサービスを継続的にご提供させていただきます。
「Codeshore」は、ベトナムオフショア開発ならではの低価格と、日本人ウェブディレクターの徹底した品質管理によるハイクオリティとを主な特長としております。
テラスは今回の連携を通じ、ウェブ制作の課題解決への取り組みを一層強化してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング