住まい手自身がつくる自由設計マンション「三軒茶屋・若林2コーポラティブハウス」募集開始

@Press / 2013年6月17日 16時0分

若林2コーポラティブハウス外観パース
コーポラティブハウスの企画・設計・コーディネイトを中心に行っている株式会社コプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青木 直之)はこの度、世田谷区若林3丁目にて「三軒茶屋・若林2コーポラティブハウス」プロジェクトの参加者募集をスタートしました。


【賑わいと落ち着きを兼ね備えた立地】
計画エリアは、東急世田谷線「若林」駅より徒歩4分、東急田園都市線「三軒茶屋」駅徒歩14分の世田谷区若林3丁目。若林エリアでは2012年3月竣工の「Li Bell」に続き、コプラス2棟目のプロジェクトです。利便性と個性的な魅力を兼ね備えた街として人気の三軒茶屋に寄り添いながらも、落ち着いた環境の住宅街です。


【コンセプトは「安心の住まい」】
本プロジェクトでは計画地に元々お住まいの地主様も、等価交換により新しい建物に継続して住まわれることになっています。地域で長くまちづくりや防災活動に携わって来られた地主様の想いも受け継ぎ、「安心の住まい」をコンセプトに掲げています。
マンションではまれな耐震等級2(注1)を確保し、既存の井戸を利用して停電時にも利用できる非常用トイレや防災備蓄の設置も計画に盛り込みました。
ハード面だけではなくソフト面での安心感―コーポラティブハウスならではの住まい手同士の顔が見える心地よいコミュニティや、地主様が継続して住まわれることで地域とのつながりが維持される点も、「安心の住まい」の大きな要素となることでしょう。

(注1)建築基準法で想定する地震(数十年に一度発生する震度5強程度の地震)の1.25倍に耐えられる強度の建物。


【光と風があふれる全体計画】
南北両側に道路が面している敷地形状を活かしつつ、建物の中心に中庭も設けることで、光と風をたっぷりと取り込める計画としました。70%が角部屋、専有面積は55m2台~83m2台と多彩なバリエーションを用意しており、単身者の方・DINKSからファミリー層まで幅広くコーポラティブハウスならではの自由設計(注2)をお楽しみいただけます。

(注2)間取りに合わせて水廻りや窓の位置・大きさまで変えられる、非常に自由度の高い設定が魅力です。


【価格】
コーディネイター提案例取得目安価格(注3)は、3,460万円から6,590万円までとなっております。

(注3)取得目安価格には住宅設備機器及び内装仕上げ材が含まれます。


【プロジェクト概要】
三軒茶屋・若林2コーポラティブハウス

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング