欧州プライベートバンクを用いた投資助言サービス開始

@Press / 2013年6月21日 9時30分

IFA-PRIVATEBANK ホームページ
 海外金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS(R))」で高い評価を得ている投資顧問会社 IFA JAPAN(R)株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役兼CEO:荒川 雄一)は、2013年6月より、欧州の歴史あるプライベートバンクと業務提携契約を結び、日本の個人投資家向けサービスを開始しました。


1.“プライベートバンキング-PMS(R)”提供開始

 当社では、海外ファンドを用いた長期的資産運用を実践されるお客様のために、「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS(R))」の提供をしております。
 PMS(R)とは、投資顧問(助言)契約に基づく「海外ファンドのポートフォリオ」の設計・構築・事後管理にかかわる助言サービスとして、当社が独自に開発し、2011年には商標登録を行った「資産運用」の新しいスタイルです。

 今回、このPMS(R)のシステムを、ヨーロッパの有力プライベートバンクとの業務提携により、“プライベートバンキング-PMS(R)”としてご提供することが可能となりました。

 プライベートバンクには、ヨーロッパで王侯・貴族や超富裕層のために巨額の資産の保全、運用を行う「無限責任を負う個人が所有・経営する銀行」として生まれたという歴史的背景があります。

 日本国内の銀行は株式会社のため、厳密な意味でのプライベートバンクは存在しないはずですが、日本では名称だけが独り歩きしているのが実状です。このたび当社では、ヨーロッパで100年近い歴史をもつプライベートバンクに対して、同行が実際に世界の富裕層個人・ファミリーに提供しているサービスや商品を、当社のお客様にも提供できるよう業務提携契約を締結することができました。
 これも、当社の長きにわたる海外分散投資を中心とする「資産運用」の助言業務における“実績”を、高く評価されてのことと自負しております。

 プライベートバンクに口座を開設して取引を行うためには、資格を持つ投資アドバイザー等からの紹介を必要とすることが通例ですので、当社は、お客様との「PMS(R)」投資顧問(助言)契約に基づいて、プライベートバンクに対する口座開設申請手続きをお手伝いし、同口座を通した「海外ファンド・ポートフォリオ」の構築、運用に関する助言を行います。

 “プライベートバンキング-PMS(R)”では、専任アドバイザーを置いて、お客様からのご相談をお受けする態勢を整えています。また、お客様は日本に居ながらにして、ヨーロッパのプライベートバンクが世界の富裕層向けに提供する「資産の保全と運用・次世代への継承を支援するサービス」をご利用いただくことが可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング