宇宙開発技術が家電製品に与える影響について発表

@Press / 2013年6月21日 13時30分

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、無線電力やリモートセンシング、音声駆動技術など、宇宙飛行や宇宙探査のために開発が進められている最先端技術が、今後、消費者が使う家電製品の進歩にますます大きな役割を担うことになると発表しました。

米国ジョンズホプキンス大学の応用物理研究室でロボット工学の上席研究員を務めるIEEEフェロー、エドワード・タンステル(Edward Tunstel)氏は次のように述べています。「1970年代に米国がアポロ計画を進めて以降、GPS(全地球測位システム)はもちろんのこと、さまざまなツールや機器のコードレス化、煙探知機、時計用のクォーツ式水晶発振計時、テンピュール発泡体など、一般市民が宇宙開発技術から受けてきた恩恵は枚挙にいとまがないほどです。宇宙飛行や宇宙探索による技術の進歩は、この先も家電分野の新たな製品設計にダイナミックな影響を及ぼしていくことになるでしょう。」


■無線電力によって電源コードが不要に
家電メーカーは、デバイスを駆動させるために現在の電源に替わるより使いやすい新たな動力源を見出すという課題に取り組み続けています。宇宙飛行においても、ミッションを遂行するためには相当な量の電力を要し、ハードウェアとプラグインデバイスを合わせ、あらゆる電気機器のエネルギー消費効率を可能な限り高めることが重要です。宇宙研究の分野においては、宇宙から太陽光エネルギーを地球上のエネルギーネットワークに伝送し、流通させるというエネルギー開発が進められています。現在、こうした宇宙太陽光発電を無線ネットワークを通じてエレクトロニクス製品に伝送することができる技術が開発されており、実現すれば物理的なコードを使って電源コンセントにプラグを差し込む必要はなくなります。

「無線電力はすでに無線ネットワークを通じて伝送され、電力を放出しています。こうした電力の伝送のためだけに従来とは別に新たなネットワークを構築するのか、あるいは既存の無線ネットワークを活用して、ワイヤレスで宇宙空間や家庭内のデバイスを充電するのかについてはまだ結論が出されていません。どちらにしても、こうした電力は無線ルーターに似た箱状のものからオープンな媒体に似たものを通じて伝送することになるでしょう。もしかすると、今使っているブレンダーやテレビ、洗濯機などにこうした電力が伝送され、コンセントにプラグを差し込む必要はなくなるかもしれません」とタンステル氏は述べています。


■リモートセンシング技術で人間同様の反応を再現
天体の表面を探索するロボット車両とならび惑星探査機の持つリモートセンシング機能やコンピューティング機能は、将来センサー機器を応用し、日常生活で使用できるようにするために不可欠な技術です。

IEEEメンバーで民間の宇宙探査企業Space Adventures社の会長を務めるリチャード・ギャリオット(Richard Garriot)氏は、次のように述べています。「何百万マイルも離れた地球上から火星探査車キュリオシティのような惑星探査機を制御して惑星の表面を動き回らせるには、通常の何倍もの正確性が必要になります。こうしたリモートセンシング技術はすでに実用化されて人工四肢の製作に役立てられており、今や自分の手足のような感覚を持ち、体の一部であるかのように機能させることができるようになっています」と述べています。


■音声制御技術が製品設計を変える
これまで一般大衆向けの宇宙旅行を実現するために、常に最大のネックとなってきたのはコストの問題でした。また、こうした宇宙旅行のコストの大部分を占めるのが宇宙船内の物質の質量の問題です。こうしたコストを大幅に削減でき、障害を打開するための画期的な技術になり得るとされてきたのが音声制御技術です。この技術が一般ユーザー向けの家電製品の設計方法についても大きな変化をもたらすことになると考えられています。

IEEEフェローで米国の有人宇宙飛行計画審査委員会の委員長を務めるノーム・オーガスティン(Norm Augustine)氏は、次のように述べています。「宇宙向けに開発が進む最先端の音声制御技術は、携帯デバイスをはじめ、一般消費者が使用する家電エレクトロニクス製品の開発に多大な影響を与えることになるでしょう。システムがようやくユーザー本位の使いやすいものになって、コントロールデバイスの大きさなどはもはや重要なファクターとは言えなくなります。大幅な軽量化と音声制御が実現された技術を用いることによってコストの劇的な削減を実現することで、2050年までには、宇宙旅行はごくありふれたものになるでしょう。しかも、一般の消費者はそこまで長く待つ必要はなく、音声制御をはじめとしたあらゆる技術の進化から大きな恩恵を受けられるようになります。その結果として、宇宙旅行が現実のものになるということにすぎないのです。」


関連リソース:Aerospace power technology for potential terrestrial applications
       (地球上での応用が見込まれる宇宙空間における動力技術)


■IEEEについて
IEEEは、世界最大の技術専門家の組織であり、人類に恩恵をもたらす技術の進展に貢献しています。160カ国、40万人以上のエンジニアや技術専門家の会員を擁する非営利団体で、論文誌の発行、国際会議の開催、技術標準化などを行うとともに、活動を通じて世界中の工学やその他の技術専門職のための信用性の高い「声」として役立っています。

IEEEは、電気・電子工学およびコンピューターサイエンス分野における世界の文献の30%を出版、2,000以上の現行標準を策定し、年間1,300を超える国際会議を開催しています。

詳しくは http://www.ieee.org をご覧ください。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング