協会設立30周年記念、新しい「マークとロゴ」が決定!4つの記念事業を実施

@Press / 2013年6月26日 10時30分

新マーク(カラー指定:DIC138)
公益社団法人インテリア産業協会(所在地:東京都新宿区、会長:山口 博章)は、2013年6月に設立30周年を迎えました。これにあわせて、新しい協会のマークとロゴを公募し、決定しました。また、その他3つの事業も記念事業として、取り組んでいます。


協会の新しいマークとロゴは、応募総数433点から一次審査(審査員:情報・広報委員)、二次審査(審査員:各委員会委員長及び外部審査員)を経て、下記のものを選びました。

<新マーク>カラー指定:DIC138
http://www.atpress.ne.jp/releases/36607/1_1.jpg
<新ロゴ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/36607/2_2.jpg


■協会の新しい「マーク・ロゴ」の公募概要
<受付期間>
2013年2月4日(月)~3月18日(月)

<募集内容>
インテリア産業協会の新しいマーク及びロゴを募集

<表現して欲しいポイント>
・一般の方々が親しみやすさを感じるもの
・「インテリア」に関係するマークであることが、イメージあるいは文字、その他方法で一目で判るもの
・30年の歴史を意識しながらも、若々しさを感じさせるもの

<募集結果>
応募総数433点

<最優秀賞>
深川 重一氏(大阪府)

マーク・ロゴ掲載にあたりデータが必要な場合は下記にお問い合わせください。
jiia-info@interior.or.jp


また同時に、次の3つの事業を30周年記念事業として取り組んでいます。

■「30年のあゆみ」誌の発行
「20年のあゆみ」誌に、直近10年分の協会活動を付加する形で編集を行い、6月の発行として、配布を開始しました。


■全国公立中学校の生徒を対象にインテリア教材の「技術家庭科・副読本」の制作と配布
全国公立中学校10,670校を対象に、技術家庭科の授業で使用するための、副読本「快適な住空間をつくるインテリアの世界」を10万部作成します。現役教員(家庭科)2名を含む編集委員会により編集。本年6月より、希望する学校に配布・納入を開始するほか、協会関係先にも配布します。


■インテリアコーディネーションコンテスト「高校生部門(仮称)」の新設
若者に対するインテリア普及啓蒙活動の一環として、全国の高校生を対象に「高校生部門(仮称)」を新設します。効果的に実施するため、実施時期やテーマについては「全国高等学校インテリア科教育研究会」の意見を積極的に取り入れ、インテリア普及啓蒙委員会を所管にて、検討を行います。コンテストの実施時期については研究会との調整の上、本年度内に実施する予定です。


当協会は、今後も一般生活者の普及啓蒙に努めながら、それらに貢献できる人材(インテリアコーディネーター・キッチンスペシャリスト)の資格認定・育成・支援を行い、一般生活者の満足度向上に貢献できるように、今後も引き続き取り組んでまいります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

新ロゴ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング