東京書籍、「デジタル教科書」による学びを楽しく紹介するウェブサイト『まなデジ』を開設(6月28日正午オープン)

@Press / 2013年6月26日 13時30分

東京書籍株式会社(東京都北区、代表取締役社長:川畑 慈範、以下 東京書籍)は、高等学校向けの「デジタル教科書」による学びを楽しく紹介するウェブサイト『まなデジ』を開設し、2013年6月28日(金)よりオープンします。

ウェブサイト『まなデジ』URL: http://manadigi.jp/
※開設は6月28日(金)正午からとなります。


タブレット型端末の普及に伴い、教育現場においては、全教室への電子黒板の導入や、1人1台の学習者用端末の整備が進められています。そのような中、東京書籍は今春より高等学校向け「デジタル教科書」(iPad対応アプリ)の提供を開始しました。

これまで小・中学校向けには、各社から「指導用デジタル教科書」が発行されていましたが、「デジタル教科書」がストアを通して個人でも購入できる形で発行されるのは画期的なことです。

高等学校向けの「デジタル教科書」は、高校生に授業や、家庭での予習・復習で活用されることを想定して制作したものですが、紙では表現できない多彩なコンテンツや機能が盛り込まれ、興味を持って学習に取り組めるような内容となっているため、「学び直し」をしたいと考えている社会人や大学生の方々にも適した教材です。

そこで東京書籍は、生徒や教師はもちろん、保護者や学び直しを考えている方々にも「デジタル教科書」の魅力を、より広く知っていただくためのウェブサイト『まなデジ』を開設し、デジタル教材を活用した新しい、楽しい学びの形を提案します。

「学びたい」という気持は誰もが少なからずもっています。東京書籍の「デジタル教科書」が単なる「教科書のデジタル化」にとどまらない内容であることを紹介するためのプロモーションビデオや、全国各地の自治体等のマスコットキャラクターが「デジタル教科書」で学習する企画など、デジタルによる「学び」をより楽しく身近なものとして感じていただけるようなコンテンツを用意し、訪問者の「学びたい」という想いを一層強くするウェブサイトを目指します。


『東京書籍 ~教育と文化を通じて人づくり~』
東京書籍は1909年(明治42年)の創業以来、104年にわたり「教科書」事業を柱として成長してまいりました。教科書の質的充実をはかるとともに、教育のICT化にも業界でいち早く取り組み、常にソフト面でも先端を走ってまいりました。企業理念は「教育と文化を通じて人づくり」であり、社員は時代に相応しいコンテンツ作りの先に、常に子どもたちの明るい未来を思い描いています。業界のリーディングカンパニーとして、これからも皆さまにご支援いただきながら大きく飛躍してまいります。

東京書籍ウェブサイト: http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング