『勢多唐橋東西大綱引合戦』を2013年10月19日開催

@Press / 2013年6月28日 13時30分

瀬田唐橋大綱引合戦イメージ
勢多唐橋東西大綱引合戦実行委員会(以下:実行委員会)は、日本三名橋・日本三古橋であり、日本地理上でも日本のほぼ真ん中に位置し、古くから京の守護の要として歴史上重要な戦い(別添資料1)が繰り広げられてきた「瀬田の唐橋」を舞台に、日本では前例のない幹線道路の橋上で大綱引合戦を行います。

勢多唐橋東西大綱引合戦 URL: http://www.seta-karahashi.com/
別添資料1: http://www.atpress.ne.jp/releases/36747/5_5.pdf


綱武士は全国から募集し、日本の東軍、西軍各100名ずつで対決を行います。<‐西か東か‐>戦の前には、瀬田川の東岸と西岸で武将を囲み両軍の睨み合い戦前の儀式が執り行われます。西軍は石山寺が城となり東軍の城は建部大社となります。

大綱引合戦は、実行委員会が主催ですが、実行委員会構成は、滋賀県、大津市、地元自治会、観光協会、教育委員会、漁業組合など滋賀大津の地域活性化のため様々な団体で構成されています。また、西軍、東軍の大将は、嘉田滋賀県知事、越大津市長の予定となっています。

瀬田の唐橋は、10月19日14時から1時間程度通行止めとします。
歴史上幾度と重要な戦の場となった瀬田の唐橋、「唐橋を制するものは天下を制する」とまで言われた橋の上での東西綱引合戦はこの時しかできません。


■綱武士を全国から200名募集
日本全国から『勢多唐橋東西大綱引合戦』への参加者を募集いたします。
募集人数は瀬田の唐橋を中心に東の方100名、西の方100名を募集します。
参加料:2,500円(保険料含む)

応募多数の場合は実行委員会にて抽選の上、決定いたします。
参加当選者は、実行委員会よりご連絡いたします。また、ホームページでも発表いたします。
参加資格中学生以上で健康な方、性別は問いません。


■瀬田唐橋について
瀬田唐橋の橋の色は、2012年6月に現在の唐茶色に変更されました。この時、塗り替える色で論争になり一時メディアに取り上げられた経緯があります。

別添資料2
http://www.atpress.ne.jp/releases/36747/6_6.pdf

織田信長が天正3年(1575年)現在の位置に瀬田橋を架け、渡り初めを行った6月12日を瀬田唐橋記念日と制定し、記念イベントとして2013年10月19日に勢多唐橋東西大綱引合戦を行います。


■開催日時
2013年10月19日(土)10時~17時

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング