狩猟の魅力まるわかりフォーラム 平成25年度鳥獣保護管理の担い手確保促進フォーラム事業

@Press / 2013年7月19日 9時30分

全国開催案内図
近年、ニホンジカやイノシシ等の野生鳥獣による生態系や農林水産業への被害が深刻化している一方で、狩猟者の減少や高齢化が進んでいます。そこで環境省では、将来の鳥獣保護管理の担い手確保を目的とした「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」を全国9会場で企画しており、今年度第1回目を栃木県宇都宮市で平成25年8月3日(土)に開催します。若手ハンターによるトークセッションやジビエ(野生鳥獣のお肉)料理の試食、ハンティングの模擬体験ができるワークショップブースの出展等、狩猟が持つ魅力や社会的な役割を実感できる内容となっています。(参加無料、事前申込み不要)


【フォーラム概要】
主催:環境省
共催:開催道県等(予定)
後援:農林水産省、警察庁、一般社団法人大日本猟友会、一般社団法人全日本狩猟倶楽部等

1. フォーラムの背景(狩猟の意義や役割)
狩猟とは、野生鳥獣を捕まえる営みです。狩猟ができる人(ハンター)は、野生鳥獣に対する深い理解と感謝の念を持ち、捕えた獲物を「いただく」ことをとても大切にします。また、現在では、ハンターは社会的役割も担うようになってきています。

近年、全国各地で野生鳥獣の数が増えすぎたり、生息域が広がることによって、希少な植物が食べられてなくなったり、そこに住んでいた生き物の種類や数が大きく減ってしまう「生態系被害」、田んぼや畑が荒らされ、作物が食べられてしまう「農作物被害」が深刻化しています。また、人里に出没した野生鳥獣による人身事故も発生しています。こうした被害を防ぐためには、守るべき場所を柵で囲う等の防除や、野生鳥獣が簡単に人里へ出てこないような生息地管理等といった対策とともに、増えすぎた野生鳥獣の数を抑制していくことも重要です。しかし、野生鳥獣の捕獲は簡単ではなく、時には身の危険も伴います。また、捕獲に用いる猟具の扱いを一歩誤れば、周囲の人にケガをさせてしまうおそれもあります。このため、捕獲には一定の知識や技術が必要ですが、これらの能力を兼ね備えているのが、狩猟免許を持った「ハンター」なのです。

一方で、現在、全国的なハンターの減少と高齢化が進んでいます。このままでは、人と野生鳥獣の適切な関係や、自然の生態系のバランスを維持できなくなることが危惧されています。人々が安心して安全に暮らすために、また、人間生活に豊かな恵みを与えてくれる自然の生態系を維持していくために、今、ハンターの技術が求められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング